中国・上海に日本の“2.5次元舞台”上演劇場 こけら落とし公演はミュージカル『刀剣乱舞』

写真拡大

日本で製作される“2.5次元ミュージカル”の中国公演用劇場として、中国・上海に新しくオープンした「虹橋芸術センター (正式名称:虹橋芸術中心)」の使用が決定しました。同劇場の2.5次元ミュージカルこけら落とし公演に選ばれたのは、日本でも9月から上演されているミュージカル『刀剣乱舞』〜幕末天狼傳〜。公演期間は2017年1月13日(金)から3日間で、日本公演と同じキャストが出演します。

「上海に日本の2.5次元舞台上演劇場 」の写真・リンク付きの記事

▽ ミュージカル『刀剣乱舞』公式ホームページ

2016年に上海長寧区天山路でオープンした虹橋芸術センターは、地下1階と地上3階で構成された総合文化施設。日系企業が多く立ち並ぶエリアに位置しており、劇場だけでなく、映画館や展示スペースも備えています。総客席数は1,005席。すでにミュージカルや演劇などさまざまな作品が上演されています。

マンガやアニメを原作とした舞台、いわゆる2.5次元ミュージカルのこけら落とし公演として選ばれたミュージカル『刀剣乱舞』〜幕末天狼傳〜は、日本で9月24日(土)から11月27日(日)まで上演される人気作品。海外公演はシリーズ初の試みで、2017年1月13日(金)から1月15日(日)まで、全5公演を上演することが決定しました。

10月12日に同劇場で行われた製作発表では、ネルケプランニングおよびネルケチャイナの代表取締役会長を務める松田 誠さんら制作陣や、公演に出演する6人のキャストが登壇。同劇場を日本の2.5次元ミュージカルの中国公演用劇場として使用することが発表されたほか、キャストたちによるパフォーマンスが披露されました。

上海公演は、日本公演と同じキャストとスタッフで挑むとのこと。 日本語での上演となるため、ステージでは中国語の字幕が表示されます。日本のファンに向けて、ローソンチケットでは10月30日(日)正午から当日引換券を販売。詳細は公演サイトをどうぞ。

ミュージカル『刀剣乱舞』 〜幕末天狼傳〜(上海公演)

(C)ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会

<公演概要>
  • 劇場:虹橋芸術中心
  • 公演期間:2017年1月13日(金)〜2017年1月15日(日)全5公演
<キャスト>

加州清光役:佐藤流司
大和守安定役:鳥越裕貴
和泉守兼定役:有澤樟太郎
堀川国広役:小越勇輝
蜂須賀虎徹役:高橋健介
長曽祢虎徹役:伊万里 有

近藤 勇役:郷本直也
土方歳三役:高木トモユキ
沖田総司役:栩原楽人
ほか

<スタッフ>

原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMMゲームズ/Nitroplus)
演出:茅野イサム
脚本:御笠ノ忠次
振付:TETSUHARU
企画製作:ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会(ネルケプランニング/ニトロプラス/DMM.com/ユークリッド・エージェンシー)
上海公演主催:上海奈尔可演艺有限公司、永乐演艺
Twitter:@musical_touken