【謎】行方不明者の写真が木に貼りまくられた不気味な森が話題 /  まるで『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』

写真拡大


1999年公開のミステリー・ホラー映画『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(以下『ブレア〜』)は、低予算ながら、斬新なカメラワークと動悸が止まらないようなストーリー展開で、世界中で大ヒット!

そんな、コワ〜い本作に出てきそうな森が激撮され、ネットで話題になっているというので紹介したい。なんと、その森には、行方不明者の写真が木に貼りまくられていて、超〜気味が悪いのである!

・『ブレア〜』に出てきそうな森が超気味悪い〜!

YouTubeユーザーのDateline420さんが、米ニューヨーク州ハンティントンのバークレー・ジャクソン郡立公園へ、ハイキングに出かけた時の様子をカメラに収めている。

カメラを回しながら、森やハイキング・トレイルについて解説していると、キャンプ場らしき場所を発見。そこには、大きなテントがひとつ張られ、円形状に並べた木の株や焚火の跡もあり、誰かが住んでいるようだ。

・木に行方不明者を探すポスターが25枚も!!!!

それだけならば、どの森にあってもおかしくない光景だが、Dateline420さんは、ギョっとするような物を目にしたのである。なんと、キャンプ場近くの木には、1本1本に、行方不明者を探すポスターが25枚も貼ってあったのだ! 

どれも白黒に印刷されたポスターに彼が近づくと、ポスターの1枚には、フロリダ出身の24歳の女性が、2006年1月から行方不明になっていると記されている。明らかにビビっている撮影者は、「一体誰がこんなことをするんだ!?」と解せない様子だ。

・怪しげなケージのような物体も発見!

そうこうしているうちに、木の枝をロープでつなぎ合わせた、壊れたケージのような物まで発見し、「真ん中に穴が開いているし、シェルターや罠のようにも見えるな」と解説を続けている。

すると、Dateline420さんが「何か声が聞こえた!」と慌ててハイキングコースへ戻るのだが、動画のパート2では再びキャンプ場へカムバック。「この場所について、警察に通報するべきだろうな」と言いながら、行方不明者のポスターを1枚持ち帰るところで、動画は終了している。

こんな不気味な場所に、絶対に一人で足を踏み込みたくないと思ってしまうが、ネットユーザーからは、「ヤラセじゃないか!?」との声も挙がっている。

参照元:YouTube、Mirror(英語)
執筆:Nekolas

この記事の動画を見る