無難が一番!? 男女が「気になる人と距離を縮めたいときの話題」トップ5

写真拡大

合コンで出会った素敵な男性。「お近づきになりたい!」と感じたとき、あなたならどうしますか?

「盛り上がりそうな話題を考えて、話しかけてみる」というガッツある女性も多いでしょう。では、巷の人々は気になる異性と親しくなるためにどんな話をしているのでしょうか?

そこで今回は、ブライダルジュエリー専門店の銀座ダイヤモンドシライシが20歳〜39歳の既婚・未婚の男女500名を対象に実施した「初恋・結婚に関する意識調査」の結果から、“距離を縮めたい異性とする話題”についてご紹介しましょう。

■距離を縮めたい相手とする話1位は、“趣味のこと”

まず、「気になる相手との距離を縮めたいときの話題は、どんな話題ですか?」と尋ねると、

1位・・・趣味に関する話(48.2%)

2位・・・好きな食べ物に関する話(33.2%)

3位・・・出身地に関する話(29.2%)

4位・・・学生時代の話(18.2%)

5位・・・過去の恋愛談(15.6%)

という結果となりました。

1位は、「趣味に関する話」。無難な話題とも言えますが、「趣味は何ですか?」とストレートに聞いてしまうと、お見合い調に聞こえて味気ないですよね。

「スポーツやってそう、腕逞しいですね〜」などと、お世辞もこめて話題を振ってみるのもいいかもしれません。

2位は「好きな食べ物に関する話」。合コンや飲み会なら、出てきた食べ物を話のネタに使うと自然な流れで会話ができそうです。

3位は「出身地に関する話」。これも趣味の話題と同様にただストレートに聞くのではなく、「出身地の当てっこしませんか?」などと周りの人も巻き込んで話を発展させると、場も盛り上がりそうですね。

4位は「学生時代の話」、5位は「過去の恋愛談」でした。

「過去の恋愛談」に関しては、男性によっては初対面の女性に色々聞かれたくない・聞きたくない人もいるので、相手に元カノの話を根掘り葉掘り聞いたり、自分の男性経験を打ち明けたりするのはやめておいた方が無難でしょう!

■初対面の男性に聞いてはいけない質問ワースト5

気になる相手との距離を縮めたいときは、“なるべく無難な話から始める”という人が多いことが分かりました。確かに、最初は一般的な話題から入り、もっと個人的な話題は、相手の様子を見ながら慎重に進めていった方がよさそうです。

では、初対面または初めてのデートのときに、女性が男性に“聞くべきでないこと”とは何でしょうか?

海外のオンラインデーティングサイト『eHarmony』によると、男性と近づけるどころか、逃げられてしまう質問として下記が挙げられています。

(1)「年収(あるいは月収)はいくらですか?」

(2)「将来、子どもは何人欲しいですか?」

(3)「過去に浮気したことはありますか?」

(4)「なぜ今まで独身だったんですか?」

(5)「ご両親はどんなお仕事をしてらっしゃるの?」

どれもこれも、実は女性がズバリ聞きたいことばかりですが、初対面からこのような質問をすると、結婚願望や「稼ぎのいい男を捕まえたい」という腹黒さが見え見え。

上記のような話題は、何度か会って付き合いが深くなっていくうちに相手から自分のことを打ち明けてきたり、自然に話題に行き着いたりするときが来るはず。

「クーッ、今すぐ知りたい!」と思っても、初対面では自制しないと、次のステップに進める可能性が低くなってしまうかもしれません。

いかがでしたか? 「あのとき、2度目のデートがなかったのはこのせいか!」と納得した女性もいるのではないでしょうか。

男性の心は意外に繊細なもの。気になる人とお近づきになりたいなら、時間をかけて彼のことを知っていきましょう。