現在の台中駅(左)と16日から供用が開始される新駅舎

写真拡大

(台北 13日 中央社)台湾鉄路管理局西部幹線の后里―烏日間21.7キロが、16日に高架化される。日本統治時代に建設された駅舎が残る台中駅のほか4駅が高架駅となるほか、新たに5駅が開業し、市内の移動利便性が向上する。

高架化は連続立体交差事業の進展を受けてのもの。台中駅では15日午後8時55分に出発する特急自強号が、地上駅を離れる最後の列車になる。その後翌朝まで線路の切り換え工事が行われ、午前6時から新線の供用が開始される。

現在の台中駅舎は今後も当面の間出入りが可能。高架駅とも徒歩で連絡できるという。

(張麗妍、カク雪卿/編集:齊藤啓介)