12日、睡眠不足のため失神した人気グループEXOのレイだが、その忙しすぎるスケジュールが激務ぶりを物語っている。写真はレイ。

写真拡大

2016年10月12日、睡眠不足のため失神した韓国の人気グループEXOのレイ(張芸興/チャン・イーシン)だが、その忙しすぎるスケジュールが激務を物語っている。騰訊が伝えた。

【その他の写真】

EXOに所属する華人メンバーのレイは11日、北海道で行われるコンサートのため、仁川空港から日本へ向けて出発予定だった。しかし、搭乗直前になって急に気を失って倒れ、病院へ運ばれる騒ぎに。体調の回復を待ち、翌12日に日本へ向けて出発している。

レイが過労のため倒れたのはこれが初めてではなく、今年5月にも番組収録中にも同じことがあった。グループとしての活動だけでなく、中国でも映画やバラエティー番組でソロ活動を行い、他のメンバーより負担が大きいのは明らか。中国のファンからは体調を心配する声が、韓国のファンからは「酷使している」と所属事務所のマネジメントに不満をぶつける声が多い。

騰訊によると、ある1週間のレイのスケジュールは以下のようになる。

1日上海でリアリティー番組収録
2日引き続き収録後、上海から海南省三亜市へ
3日三亜市でリアリティー番組収録後、広東省深セン市へ
4日深セン市からシンガポールへ、EXOコンサートに出演
5日コンサート2日目に出演、その後は上海へ
6日上海でイベント出演
7日上海からソウルへ

目まぐるしいスケジュールだが、騰訊によると3日目には深センへ飛ぶ前に、体調不良のため病院へ運ばれ点滴を打っていたという。(翻訳・編集/Mathilda)