緊急来日が決定したパトリック・デンプシー (c)Universal Studios.

写真拡大

世界中の女性たちの心を掴んで一大ブームとなった『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ2作から11年、待望のシリーズ3作目『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』(10月29日日本公開)。レニー・ゼルウィガー演じるブリジット・ジョーンズの新たな恋の相手ジャック・クワント役のパトリック・デンプシーが来日することが決定した。

パトリックが映画のプロモーションで来日するのは、『魔法にかけられて』(2008年)以来8年ぶり。先日行われたワールドプレミアで、パトリックは「近いうちに再び日本を訪れることが出来るのを心待ちにしています」とコメントしていたが、今回で2度目の来日を果たす。ブリジットを演じたレニーと共に10月20日に都内で行われるジャパンプレミアに参加する予定だ。

■『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』
10月29日より日本公開
(c)Universal Studios.【ハリウッドニュース編集部】