学生が安く快適に住める、コペンハーゲンのコンテナ製ドミトリー

写真拡大

学生にとって大きな問題になる住居。費用を抑えつつ快適なところに住みたいけれど、それが結構難しいんですよね。

そんな問題を解決するアイデア、コンテナ製ドミトリーなんてどうでしょう?

学生の住居問題を解決するために生まれたコンテナ製ドミトリー「Urban Rigger」は、住居費の高い北欧・コペンハーゲンで始まったプロジェクト。水上にドミトリーを作ることで、家賃や場所の問題の解決を目指すおしゃなアパート。1

コペンハーゲンの港町に現れた「Urban Rigger」は、コンテナ同士を重ね合わせてつくられた学生ドミトリー。

落ちそうで落ちない重ね方が、なんとも粋です。

学生の住居問題を解決するために生まれたコンテナ製ドミトリー「Urban Rigger」は、住居費の高い北欧・コペンハーゲンで始まったプロジェクト。水上にドミトリーを作ることで、家賃や場所の問題の解決を目指すおしゃなアパート。2
学生の住居問題を解決するために生まれたコンテナ製ドミトリー「Urban Rigger」は、住居費の高い北欧・コペンハーゲンで始まったプロジェクト。水上にドミトリーを作ることで、家賃や場所の問題の解決を目指すおしゃなアパート。3

コペンハーゲンは、世界中でも住居費が高い地域。だからといって海の上に家を作ってしまうのは大胆ですが……「Urban Rigger」は、この素敵なロケーションと外観で$600(約60,000円)なので、なかなか悪くないかもしれません。

学生の住居問題を解決するために生まれたコンテナ製ドミトリー「Urban Rigger」は、住居費の高い北欧・コペンハーゲンで始まったプロジェクト。水上にドミトリーを作ることで、家賃や場所の問題の解決を目指すおしゃなアパート。4

上から見たら、全体のトライアングルがモダンでかっこいい。

学生の住居問題を解決するために生まれたコンテナ製ドミトリー「Urban Rigger」は、住居費の高い北欧・コペンハーゲンで始まったプロジェクト。水上にドミトリーを作ることで、家賃や場所の問題の解決を目指すおしゃなアパート。5
学生の住居問題を解決するために生まれたコンテナ製ドミトリー「Urban Rigger」は、住居費の高い北欧・コペンハーゲンで始まったプロジェクト。水上にドミトリーを作ることで、家賃や場所の問題の解決を目指すおしゃなアパート。6
学生の住居問題を解決するために生まれたコンテナ製ドミトリー「Urban Rigger」は、住居費の高い北欧・コペンハーゲンで始まったプロジェクト。水上にドミトリーを作ることで、家賃や場所の問題の解決を目指すおしゃなアパート。7

外は大胆ですが、中はとても洗練された空間で、これがコンテナの中とは信じられません。大きな窓がいくつもあって、昼間は電気なしでも十分な明るさです。でもこれ、ちょっと気を抜いたら落ちてしまいそう……。

学生の住居問題を解決するために生まれたコンテナ製ドミトリー「Urban Rigger」は、住居費の高い北欧・コペンハーゲンで始まったプロジェクト。水上にドミトリーを作ることで、家賃や場所の問題の解決を目指すおしゃなアパート。9

現在は一区画だけですが、将来的には区画を増やしてそれぞれを繋げ、交流可能な空間にしていくそうです。

学生の住居問題を解決するために生まれたコンテナ製ドミトリー「Urban Rigger」は、住居費の高い北欧・コペンハーゲンで始まったプロジェクト。水上にドミトリーを作ることで、家賃や場所の問題の解決を目指すおしゃなアパート。10
学生の住居問題を解決するために生まれたコンテナ製ドミトリー「Urban Rigger」は、住居費の高い北欧・コペンハーゲンで始まったプロジェクト。水上にドミトリーを作ることで、家賃や場所の問題の解決を目指すおしゃなアパート。11

水上にドミトリーをつくることで住居問題を解決する「Urban Rigger」のスタイルは、日本でも取り入れることができるかもしれません。

Why these floating dorms made from shipping containers are the future of cheap student housing [inhabitat]