SF映画の父ジョルジュ・メリエス「幻のショートフィルム」、チェコで発見

写真拡大

『月世界旅行』で知られるSFXのパイオニア、ジョルジュ・メリエスの作品が発掘された。SF映画のオリジネイターとして知られるメリエスだが、その作品のモチーフは「手品」なのだという。

「SF映画の父ジョルジュ・メリエス「幻のショートフィルム」、チェコで発見」の写真・リンク付きの記事はこちら

世界初のSF映画『月世界旅行』を制作したフランスの映画監督ジョルジュ・メリエスの幻の作品が、チェコ国立映画アーカイヴ(以下、映画アーカイヴ)によって112年振りに発見された。

映画アーカイヴの広報担当者のヤナ・ウリポヴァによると、匿名の人物から、メリエスのほかの作品『Les Transmutations imperceptibles(感知されざる変移)』のラベルが貼られたリールが寄贈された。だが、ほどなくして専門家がラベルとは異なるものが収録されていることに気がつき、それが『Match de Prestidigitation(手品コンテスト)』だと確信したとのことだ。

発見された2分間のショートフィルムは、1人のマジシャンが2人に分身し、お互いに手品の腕を競い合った後、再び1人に戻るという内容。ステージマジシャンから世界初の映画監督に転身したメリエスは、手品を題材にした作品を数多く制作している。

映画監督として活動した1896〜1912年の間に、メリエスは500本以上の映画作品を制作した。ジュール・ヴェルヌのSF小説を原作にした『月世界旅行』は、6人の天文学者がロケットで月に向かうという内容で、人の顔をした月の右目に宇宙船が突き刺さるシーンが有名だ。1902年に公開され、日本でも05年に明治座で公開されている。

メリエスはSFXをふくむ映画制作技法のパイオニアであり、SFやホラー、ファンタジーといった現在も主流となる映画のジャンルに最初の足跡を残した人物でもあった。しかし残念ながら、彼の作品の多くは現存していない。第一次世界大戦の際に軍需品製造の原料とするために多数の原盤がフランス陸軍によって没収され、残ったフィルムもメリエス自身がネガを焼却してしまったからだ。

映画アーカイヴのウリポヴァは、『Match de Prestidigitation』について、今後メリエスの作品集の一部として映画館で一般公開する準備をする予定だとコメントしている。

Source: ‘Lost’ movie by silent film pioneer unearthed at Czech film archive|The Guardian

RELATED