蚊→センサー→災害現場 !?  そのこころは…

写真拡大

 蚊はヒトを刺す。どうやってヒトのところまでやってくるかというと、嗅覚。その嗅覚はヒトの汗の匂いを探しあてる。で、これを利用したセンサーを開発したのが東大。これがどう災害現場につながるかというと…。

 開発したのは、東大生産技術研究所と神奈川科学技術アカデミー、住友化学などの研究者たち。蚊の触角に存在する嗅覚受容体を、人工細胞膜の中に再構成したのだ。この嗅覚受容体は、ヒトの汗の匂い成分に反応し、膜の導電率を変化させるのだそうだ。この変化を読み取ることによって、ヒトの匂いを感知することができる。

 そこで、このセンサーを小型の無線装置に取り付け、移動ロボットに搭載した。ロボット周辺にこの匂いを漂わせることで、匂いをセンシングしたロボットを駆動させることに成功したのだ。これでたとえば、視界不良で画像探査あどが不可能な災害現場で、不明者を探すセンサーとしての応用を目指しているという。