【アイロン裏技!】あきらめていたフローリングのへこみを直す方法

写真拡大

先日、うっかりフローリングの床に携帯電話を落としてしまい、へこみ傷をつけてしまった筆者。パッと見るとそんなに目立たないものの、近くで見ると非常に目立つので、どうにかできないかと考えていた。そんなとき、「教えて!goo」で「フローリングのへこみの直し方を教えてください」という質問を発見!早速、回答をのぞいてみることに。

⬛へこみに熱を与えるとよい!?

質問者のwhiteloveさんは、フローリングのへこみの補修方法を教えて欲しいと投げかけている。それに対して、「私は濡れタオルとアイロン(またはハンダごて)で補修しています。たっぷり湿らせたタオルをへこんだ場所にあて、その上から熱をかけるだけです。小さなへこみはガーゼとハンダごてを使います。最初は3秒くらいごとに状態を確認しながら、あせらず徐々にやればかなり目立たないレベルまで戻ります」(lowrider_2005さん)という回答や、「正解はわかりませんが、フローリングに水は大敵なので逆効果ですよ。板がはがれる恐れあり」(paritaさん)という回答など意見が分かれていた。さらに調べてみると、回答にも登場した、熱を加えることでへこみを修復する方法として、アイロンを使うと良いという情報を入手。早速、試してみた!

⬛アイロンとタオルがあればOK!

用意するものは、アイロンとタオルのみ。まず、水に浸して固く絞ったタオルをへこみの上におき、アイロンを当てる。この状態でそのまま60秒ほど待つ。
この際、その場を離れないように。タオルに水分を与えるなどしながら、この作業を3回ほど繰り返すとへこみを修復することができる。詳しい方法と驚きの実験結果は動画でチェック!


ニコニコ動画で見る→bit.ly/2dAmnsw

⬛いろんなへこみを修復してみて

とてもシンプルな修復方法なので部屋中の気になるフローリングのへこみを一気に直してみては。くれぐれもやけどにはご注意を。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)