写真提供:マイナビニュース

写真拡大

「新宿マルイ メン」(東京都新宿区新宿)は10月14日11時、「バイオハザード20th×マルイハロウィンコラボ」の特別企画を実施する。

マルイ11店舗では10月1日より、サバイバルホラーゲーム「バイオハザード」とのコラボイベントである「バイオハザード20th×マルイハロウィンコラボ」を開催している。店頭には「バイオハザード」クリーチャービジュアルが設置され、バイオハザードの舞台となった「ラクーンシティ」やアークレイ山の「洋館」でゾンビやクリーチャーと一緒に写真が撮れるARフォトスポットも好評とのこと。

今回はその特別企画として、10月14日の1日限定で「新宿マルイ メン」にゾンビがやってくる。11時の開店と同時に店頭に大量のゾンビが出現し、ゲストを迎える。開店後は、店内を徘徊(はいかい)するゾンビと一緒に歩いたり撮影したりと、自由にゾンビと過ごすことができる。なお、ゾンビの店内徘徊は昼12時までの予定。

また当日は、プロのペインターによるゾンビメイクの体験イベントも開催。店内では、自分で簡単にメイクができるメイクキットも販売する。体験イベントは昼12時までの受付となる。要望多数の場合は締め切る場合もある。

さらに同店では「マルイハロウィン」期間中、1階イベントスペースにてハロウィンコスチュームの販売やレンタル、ヘアメイク(有料)を実施。また、各ショップにて、限定グッズをはじめ、ハロウィンにちなんだオレンジやパープルのカラー小物や洋服をリコメンドする。仮装やメイクに抵抗がある人も、コーディネイトにハロウィンカラーを取り入れて、気分を盛り上げることができるとのこと。

(C)CAPCOM CO., LTD.

(エボル)