WOWOW開局25周年記念「連続ドラマW コールドケース 〜真実の扉〜」(10月22日午後10:00スタート)の第1話完成試写会が12日都内で行われ、主演の吉田羊、共演の永山絢斗、滝藤賢一、光石研、三浦友和らと出席。吉田さんはドラマに絶大な自信を覗かせる一方で、身内の未解決事件に固まってしまいました。


2003年から2010年まで米CBSで放送された人気刑事ドラマ「コールドケース 迷宮事件簿」を米国以外で初リメイク。撮影を振り返り吉田さんは「共演者の皆さんとは同じ志を持って同じゴールに走っていけるのが楽しく、贅沢な現場でした。俳優としても役の上でもお互いをリスペクトして前に進める関係性を築けました」と共演陣に感謝しきり。

ドラマについては「脚本を読んだ時に言葉を失うくらい面白かったし、WOWOWのドラマ作りに対する意地を見た気がした。世界が日本に誇れる作品であり、そう演者がハードルを上げてもお釣りがくるくらい」と自信を覗かせました。


そんな中、永山さんが“今だから言える事件”として「WOWOWでお仕事をさせてもらうのはこれで5回目だけれど、まだWOWOWに加入していません!」と衝撃の自白。


これに吉田さんは「それはすぐに解決して!」と身内の“未解決事件”に戦々恐々で「今の話は衝撃的過ぎる。加入の仕方わかる?」と心配顔。ボス役の三浦さんも「ダメなやつだよ、それは」とたじろいでいました。


一方、口下手という光石さんは「監督の温和な雰囲気がそのまま撮影現場にあった。だから打ち上げが終わった次の日の朝は“皆に会えないのか”と思って寂しくなった」とぼそっと呟き、いきなり吉田さんに「好きです!」と猛アタックしていました。

【関連記事】

※ モデル・中村アンが明かす、服選びのポイント&美の秘訣とは?

※ 菅野美穂、三代目JSB岩田剛典を「パンダちゃんか赤ちゃんかガンちゃん!」と大絶賛

※ 佐々木希、胸元チラ見せルックで韓国語披露!「とぅるん」が好き

※ TAKAHIRO&登坂広臣が熱弁ふるう「最近うるっときたこと」「30歳を超えて変わった」

※ 白石隼也VS鈴木亮平の肉体美合戦に、観客も「ハァハァ」大興奮!?