運行開始前に乗車できる

写真拡大

京浜急行電鉄は、京急本線の普通電車として活躍している800形車両1編成をデビュー当時の塗装にリバイバルし、2016年11月13日から運行を開始する。

京急800形は、1978年にデビューし、同社初のワンハンドルマスコンや回生ブレーキを採用した省エネ車両。当時は側面の窓周りを広幅に白く塗り分けるデザインだったが、1982〜84年に現在の塗装に変更されていた。今回、約32年ぶりにデビュー当時の塗装に塗り替え、京急線内を運行する。

運行開始前日の11月12日には、事前に応募した180名限定の貸切イベント列車を運行。久里浜工場車両撮影会や京急グッズが当たる抽選会に参加できる。参加費は4000円(税込)、先着順で定員になり次第終了。

また運行開始日の11月13日から、京急線金沢文庫駅では「800形リバイバル塗装記念乗車券」(1セット1500円・税込)が、京急百貨店では「800形リバイバル塗装記念」オリジナルデザイン百貨店ギフトカード(5000〜5万円)が販売される。