あの"宇宙恐竜"がカリモク家具とコラボして地球に襲来!

写真拡大

黒をベースに黄色と白色のカラーリング。白い部分はジャバラの凹凸。背中部分にはシルバーの斑点のような紋様。知らない人が見れば、「近未来チックなデザインの高級チェアですね」という感想かもしれません。しかし、ウルトラマン世代なら「こ、これはまさか!」と驚きの声を上げるかも!?

そう、この椅子は間違いなく宇宙恐竜「ゼットン」です!

■人間工学に基づいた宇宙最強(!?)のプレミアムチェア!

国内トップレベルの家具メーカー“カリモク家具”と“日常の世界にウルトラな男を創り出す”をコンセプトにアパレルから雑貨まで展開するブランド“A MAN of ULTRA”が、「身体の負担を極力おさえ、かつ座る人がワクワクするチェアを作れないか?」との思いから実現したプレミアム ゼットンチェア。単なる人気キャラの商品化ではなく、座り心地抜群な機能を満載している総革張り高級椅子です。まさに、宇宙最強(!?)のプレミアムチェアということ!

ゼットンチェア2 cA MAN of ULTRA

そもそも人間の背骨は生体湾曲と言われるS字のラインになっていますが、座ると骨盤が寝てしまい背骨がCの字に変化。それにより荷重が分散されずに腰椎への負担が倍になってしまうとのこと。つまり、椅子の上でもいい座り方をしていないと腰を痛めることになりかねないわけです。

そこでカリモク家具では日本人の身体を独自に研究し、体圧分散測定をはじめ骨盤傾斜角測定・血流測定を実施。さらに脳波や脈波を加えて検証するなどデータに基づき、人が立っている時の背骨の形を理想として、日々進化した座り心地を追求しています。この「プレミアムゼットンチェア」は、そんな人間工学に基づいた研究の末に生まれた職人たちの情熱の結晶なのです。

ゼットンの背中の斑点をデフォルメした鋲(びょう)は、職人の手で一つずつ取り付けられている。 ゼットンの背中の斑点をデフォルメした鋲(びょう)は、職人の手で一つずつ取り付けられている。 cA MAN of ULTRA

そんなゼットンチェアに似合うサイドテーブルも、一つ一つ手作業で制作。塗装はウルトラマンのボディカラーをイメージし、特別に配合されたアルミニウムを含んだ「ウルトラシルバー」と名付けられた塗料を採用しています。

ゼットン3 ウルトラマンをイメージしたサイドテーブルは、故郷のM78星雲を文字って7万8000円。  cA MAN of ULTRA

ゼットンのジャバラのような凹凸を施したオットマンも。 ゼットンのジャバラのような凹凸を施したオットマンも。(本体セット) cA MAN of URTLA

注文は、来年の7月末まで期間限定での完全受注生産。価格は50万円。宇宙恐竜に抱かれてリラックスなんて、ウルトラ世代には堪らない至福の時が過ごせることでしょう。

A MAN of ULTRA「プレミアム ゼットンチェア」>>
http://aman-u.jp/special/special041.php

[関連記事]
食器から前掛けまで!伝統工芸品がウルトラマンとコラボ

エレキングが意外と良い!ウルトラマンとコンバース「オールスター」コラボ

バルタン星人の腕で快眠しよう!疲れも吹っ飛ぶ腕まくら!

(文/&GP編集部)