ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

写真拡大

「ハリー・ポッター」の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が11月23日(水・祝)より公開となるが、この度、"新シリーズ幕開け"となる記念すべき本作をひっさげ、主演を務める実力派俳優のエディ・レッドメイン(『博士と彼女のセオリー』)らの来日が決定。日本のファンに向けてのメッセージも到着した。

今回、来日するのは新たな魔法の世界を牽引する新主人公ニュートを演じるエディ、アメリカの魔法使いティナを演じるキャサリン・ウォーターストン、素直で明るいティナの妹の魔法使いクイニー役のアリソン・スドル、魔法の世界に"初めて誘われる人間(マグル=米国ではノーマジ)"で楽観的な性格のジェイコブ役のダン・フォグラー。さらに、魔法の世界を知り尽くしているデヴィッド・イェーツ監督、『ハリー・ポッター』全作や、『ゼロ・グラビティ』なども手掛けている"世界ナンバー1"とも言うべきプロデューサーのデイビッド・ハイマンも来日する。

6名は、11月21日(月)に作品をイメージした大規模なレッドカーペットイベントを開催。さらには、TOHOシネマズ六本木ヒルズ全9スクリーンをジャックしてジャパン・プレミア試写会を大々的に実施する。22日(火)には、マスコミだけでなく公開を待ち望んでいるファンからの質問にも応えるスペシャルナイトイベントにも登壇予定だ。また、「11月にみんなで日本に魔法をかけに行きます」というメッセージ映像は、当サイトの編集部トピックス&動画/突撃レポートに掲載されているのでお見逃しなく!

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は11月23日(水・祝)よりロードショー。(海外ドラマNAVI)