エンチャンテッド・ストーリーブック・キャッスル

写真拡大

2016年6月16日、中国本土では初めてとなるディズニーパーク「上海ディズニーランド」が開園しました。

【写真】上海ディズニーランド「ファストパス」攻略! フォトギャラリー

上海ディズニーランドには、東京ディズニーリゾートと同じように、アトラクションに「ファストパス」が導入されています。

今回は上海ディズニーランドのファストパスについて、対象アトラクションや、発券のやり方などをご紹介します。

上海はアトラクションのすぐそばに発券機がないので注意!

東京ディズニーリゾートの場合、ファストパスの発券機はアトラクションごとに置かれています。

しかし、上海ディズニーランドの場合は、テーマランドごとにある「ゲストサービス」で発券します。

それぞれのゲストサービスでは、そのテーマランドにあるアトラクションのファストパスしか発券できません。

東京と比べて、

複数のアトラクションの発券時間をいちどに確認できる わざわざアトラクションの前まで行かなくてもいい

というメリットが挙げられます。

デメリットとしては、東京と比べて、ファストパスの発券に、長い行列ができてしまうことですね。

パーク内にはファストパスが発券できるゲストサービスが、全部で4か所あります。

アドベンチャーアイル、トゥモローランドには1か所ずつ、ファンタジーランドには東西2か所あります。

詳しいゲストサービスの場所は、パークの地図か、公式ウェブサイトで確認してください。

上海のファストパス対象アトラクション

上海ディズニーランドのファストパス対象アトラクションは、以下の7つです。

アドベンチャーアイル

ロアリング・ラピッド ソアリン・オーバー・ザ・ホライズン

ファンタジーランド

ピーターパン空の旅 プーさんの冒険 七人のこびとのマイントレイン

トゥモローランド

トロン・ライトサイクル・パワーラン バズライトイヤー・プラネット・レスキュー

この中で特に人気なのが、「ロアリング・ラピッド」「ソアリン・オーバー・ザ・ホライズン」「七人のこびとのマイントレイン」「トロン・ライトサイクル・パワーラン」の4つです。

上海ディズニーランドを訪れたときには、ぜひ押さえておきたいですね。

ファストパス取得の流れ

それでは、ファストパスの取り方を見ていくことにしましょう。

まずはパークチケットを持って、ゲストサービスへ行きましょう。

ゲストサービスにはキャストさんもいますから、もし分からないことがあれば聞けますよ。

ゲストサービスの前には、それぞれのアトラクションのファストパス発券時間が表示されています。

ファストパスを取る前に、必ず確認しておきましょう。

発券機の画面は、中国語と英語を選ぶことができます。

もし中国語の画面が表示されていたら、右下にある「ENGLISH」のボタンを押すと、英語の画面に切り替わります。

発券機のくぼみに、パークチケットのバーコードをかざすと、発券できるアトラクションが表示されます。

次に、自分が発券したいアトラクションを選ぶと、自動的にファストパスが発券される仕組みです。

あとは、指定された時間にアトラクションへ行って、ファストパスを見せれば、少ない待ち時間で乗ることができます。

ファストパスの発券ルールは、東京を参考にできる

東京ディズニーリゾートのファストパスと同様、指定された時間を過ぎてしまうと、ファストパスは無効になってしまいます。

ファストパスは、発行日に限り有効です。別の日に使い回すことはできません。

また、1人につき1枚のファストパスが必要となります。なくさないように注意しましょう。

持っているファストパスが有効時間になると、次の新しいファストパスを発券できるようになります。

ただし、有効時間が2時間以上先の場合、発券から2時間が経つと、次の新しいファストパスが発券できます。

もし発券できないのに、発券機にチケットをかざしてしまうと、エラーメッセージが表示されます。

ファストパス攻略! 鍵はアドベンチャーアイルのアトラクション

その日の混雑状況によって、ファストパスの時間の進み具合は変わってきます。

ただ、アドベンチャーアイルにあるアトラクション(「ソアリン・オーバー・ザ・ホライズン」「ロアリング・ラピッド」)のファストパスは、発券しなかったり、早い時間でなくなってしまったりすることが多いです。

午前中のうちに、アドベンチャーアイルへ行って、どちらかのファストパスを取っておくことをおすすめします。

アドベンチャーアイルのゲストサービスには、かなり長い行列ができますが、進むのは早くなっています。

朝の早い時間帯であれば、ファンタジーランドとトゥモローランドは、それほどスタンバイの列は長くなりません。

またファストパスも、アドベンチャーアイルと比べると、比較的長い時間まで残っています。

人気のアトラクションは開園直後から回って、混雑する午後は、ゆっくりショーやパレードを楽しみましょう。

ファストパスを使いこなして、パークを楽しもう!

上海ディズニーランドでは、ファストパスの発券方法が、東京ディズニーリゾートとは少し違います。

しかし、発券機の操作方法に慣れてしまえば、全く問題はありません。

東京よりも発券機はたくさん設置されており、英語が話せるキャストさんもたくさんいます。

ファストパスで時間を有効に使って、パークを楽しんでくださいね。