2016年冬のボーナス! 東証一部上場企業の平均は71万8124円

写真拡大

待ち遠しい冬のボーナスまであと約2カ月。いくらもらえるのか気になるところですね。先日、民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所が、東証第1部上場企業198社を対象に、同社が行なった、「夏冬型」の年間協定ですでに決定している、2016年年末賞与・一時金の妥結水準を発表しました(2016年9月15日現在)。

■昨年よりも7992円アップで1.1%増加

平均金額は全産業198社の平均で71万8124円、対前年同期比で1.1%増加となりました。製造業は同0.8%増、非製造業は同2.4%増となり、ともにプラス。3年連続の増加となったものの、上がり幅は14年4.6%増→15年3.7%増→16年1.1%増と沈静化している模様です。

■平均支給月数は平均2.37カ月

平均支給月数は、207社の平均で2.37カ月。同一企業で前年の月数との変化を見ると、2015年より月数が「増加した」のは44.4%、「同月数」は24.2%、「減少した」は31.4%となっています。

■まとめ

この調査結果は東証一部上場企業198社が対象となった平均金額です。調査対象の平均年齢は38.3歳となっています。71万8124円というボーナス。あなたは高いと感じましたか? 低いと感じましたか?

(マイナビウーマン編集部)

【調査要領】

1.集計対象・集計社数:対象は、東証第1部上場企業(2016年9月30日現在で1982社)のうち、原則として労働組合が主要な単産に加盟している企業。持ち株会社が東証第1部上場企業の場合、その主要子会社は集計対象とした。このうち、2016年春季交渉時、もしくは同年夏季交渉時に2016年の賞与・一時金を決定している企業(組合)で、労務行政研究所が結果を把握し得た198社(月数集計は207社)を集計

2.集計対象範囲と集計方法:集計対象範囲は原則、組合員1人当たり平均(一部の年齢ポイント、標準労働者、全従業員平均による妥結額・月数も集計に含む)。集計に当たっては、各社の1人当たり平均を足し上げ、集計社数で除した(単純平均)

3.集計時点:2016年9月15日(調査時期:2016年3月16日〜9月15日)