国慶節連休はすでに終わったが、休暇中に繰り広げられた「写真撮影コンテスト」はいかがだっただろうか?

写真拡大

国慶節(建国記念日、10月1日)休暇はすでに終わったが、休暇期間中に微信(Wechat)のモーメンツで繰り広げられたであろう「写真撮影コンテスト」はいかがだっただろうか?ピースサインをした観光写真などはもはや参加資格すらないだろう。中国日報が伝えた。

【その他の写真】

光の角度や姿勢をしっかり考慮し、カシャカシャと撮影された写真の数々。しかし、数千人がアップするモーメンツでグランプリを獲得しようとするなら、やはり大事なのはアイデアと個性だろう。その点、こちらの女性はなんとやかん持参で旅行し、自撮りするという驚きの手法を思いついた。注目を集めるということはなかなか大変なことのようだ。(提供/人民網日本語版・編集/TK)