秋冬にベビーオイルが万能。ムダ毛処理もツヤ髪も濡れ髪も

写真拡大 (全5枚)

スキンケアコスメだけでも、もうドレッサーにしまいきれないほどの量を抱えています。

でも、お手入れするのって顔だけじゃない。ボディ用ヘア用...と、モノがどんどん増える一方。

だからこそ、ひとつで全身使えるコスメがあると本当に助かります。

最近改めてやっぱりスゴイと思ったのが「ベビーオイル」。保湿やクレンジングとして使えることは知っていたけれど、ほかにも使い方がたくさんあるんです。

シェービング時の下地として

1.ベビーオイルを手のひらに取る

2.シェービングしたい部分にベビーオイルをなじませる

3.肌を傷つけないようやさしくシェービングする

この方法を知るまでは、ボディローションを塗ってからシェービングしていましたが、オイルのほうが保湿効果も高く、シェービング後の肌もしっとり。下地と保湿、両方をいちどにまかなえるから便利です。

ガサガサかかとのケアに

161011jaj_2.jpg

1.入浴後の柔らかくなったかかとに、ベビーオイルを適量なじませる

2.手の平や指を使ってクルクルとマッサージし、かかとにうるおいを与える

カチカチガサガサのかかとも、毎日コツコツ保湿すれば、少しずつ柔らかくなります。お風呂あがりのボディケアの延長として組み込んでいます。

アウトバストリートメントでツヤ髪に

161011jaj_3.jpg

1.ドライヤー前の濡れた髪、とくに乾燥が気になる毛先などを中心に、ベビーオイルをなじませる

2.ドライヤーで髪を乾かす

オイルの保湿効果で、髪がまとまりやすくなります。頭皮の近くにつけるとベタっとしたニュアンスになるので、毛先に少量つけるのがポイント。

スタイリング剤として濡れ髪風に

161011jaj_4.jpg

1.ベビーオイルを手のひらに適量取る

2.乾いた髪になじませながら、スタイリングする

オイルのツヤとしっとり感がウェットな表情を生み出し、濡れ髪風の仕上がりに。また、まとめ髪の最後になでつけるように使うと、髪にツヤを与えられます。

ほかにもジョンソンベビーオイルのサイトでは、14の美容法を紹介。こんなにもオールマイティーに使えることを知って、愛用度がさらに高まりました。ベビーオイルの季節、到来です!

イラスト/ニシクボサユリ