和食に欠かせないお箸。しかし、実はお箸に関する当たり前のマナーを知らない若い人が増えているんだそうです。無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』では、意外と目立つお箸やお椀に関する所作についての「正解」が紹介されています。

箸の上げ下ろしは見られている

さて、本日は意外と目立つ所作のお話。

ソトでゴハンを食べているとき、ふと隣のテーブルを見たりしますよね。そんなときなんでか目が行っちゃうのが箸の使い方です。やっぱり和食には箸なので、その箸の使い方の上手さってその人の何かを表していると感じてしまうからでしょうかねえ。

まず、箸に付いている箸帯は破らずに箸だけを抜くようにします。これは結構理に叶っていますよね。帯はピッチリしているので、これを破ろうとすると

ツメでカリカリ箸をねじってギリギリ

ってことになって、やりにくい上に見苦しい。実はマナーの方こそ、自然でやりやすいように出来ているのでどうやったらカンタンにできるか考えると、それがマナーにも叶っていたりするんです。

端帯の場合は、一本だけ抜くんです。これすごくカンタンです。箸のうちの一本を抜けば、帯と箸の間に空間ができて、するっと抜けますよ。

で、箸帯を外したあとには、割り箸を割るわけですが、これには上下に割るのがオトナのマナーです。左右に割ると、なんていうか、ガサツで子供っぽい印象になるんです。ここはやりやすいというより「より美しい」という理由でマナーが決められているわけですね。

で! 一番問題なのが箸を取り上げるしぐさです。いわゆる箸の上げ下ろしってヤツですね。ワタクシ事ですが、これつい忘れちゃうんですよね。身についていないマナーってそんなモンです。お里が知れちゃうわ(苦笑)。

右手で箸の真ん中あたりを持つ左手の手のひらを上にする形で、箸先の下あたりに指を入れて下から支える右手を下に差し入れて、箸を持つ

です。うーん、文章で書くと難しそうに思えますねえ。でも、やってみると実に自然でスムーズに箸が持てます。コツは左手を使うことです。両手を使って箸を上げ下ろしすると、自然にこうなると思います。

これに対してやりがちなNGマナーが右手だけで箸を持つです。個々のやり方(笑)はいろいろあるでしょうが、どうしてもオオゲサな動作が出てしまいます。箸をくるっと回したりとか(笑)。

そして、箸じゃないけど、箸につきもののお椀やお茶碗。これの持ち方についても、美しいとされる持ち方があります。それは

親指を椀のフチに添えるようにかけ他の四本で下から支える

です。下の四本の指の上に椀をのせているイメージで、親指は添えるだけです。そんなの当たり前じゃないと思うでしょ? それがそうでもないんですよ。男性に多いんですが親指で椀のフチをつかむという形です。どちらかというと、親指と人差し指で椀を掴んでいるカンジです。ワキも大きく開き、動作が大きくて、ハッキリ言って不作法どころか粗野なカンジです。

隣のテーブルからも見られているかもしれない箸の使い方。ちょっと気をつけてキレイに持ちたいですね。

image by: Shutterstock

 

『システマティックな「ま、いっか」家事術』

食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。

<<登録はこちら>>

出典元:まぐまぐニュース!