仏パリ同時襲撃事件で弁護士らが容疑者の弁護を中止 黙秘継続のため

ざっくり言うと

  • 2015年のパリ同時襲撃事件で、弁護士らが容疑者の弁護の中止を発表した
  • 容疑者は黙秘し続けており「発言することはないと考えている」とコメント
  • 「もしもクライアントが沈黙し続けるならば、我々は弁護を止める」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング