写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ミネベアとミツミ電機は10月12日、2016年3月30日付けで取り交わしていた経営統合に向けた株式交換の効力発生日を、従来の2017年3月17日から、新たに2017年1月27日に前倒しすることで合意したと発表した。

これは、株式交換の実施にあたって必要となる公正取引委員会をはじめとした国内外の関係当局による許認可の取得といった手続きや両社の経営統合に係る協議が従来の想定よりも順調に進んだこと、ならびに2016年8月2日付で締結されたミネベアによるミツミ電機への経営支援の推進により、早期かつ強力な統合後のグループ事業体製の構築が可能であるとの認識を両社がしたことによるもの。両社では、これに伴って、統合シナジーを発揮する体制をより早期に整えることができるものと考えているとコメントしている。

なお、今後のスケジュールは以下のとおり。

・2016年10月12日:経営統合契約および株式交換契約の修正覚書締結の取締役会決議(両社)
・2016年10月12日:経営統合契約および株式交換契約の修正覚書の締結(両社)
・2016年12月27日(予定):株式交換契約承認臨時株主総会(ミツミ)
・2017年1月23日(予定):最終売買日(ミツミ)
・2017年1月24日(予定):上場廃止日(ミツミ)
・2017年1月27日(予定):株式交換の効力発生日