国民党の洪秀柱主席

写真拡大

(台北 12日 中央社)野党・国民党は12日、中国共産党と協議した結果、2006年から共催していた「両岸経済貿易文化フォーラム」(国共フォーラム)に代わり、新たに両岸平和発展フォーラムを開催すると発表した。11月2日と3日に中国大陸の北京で開かれる。

国民党によると、フォーラムの名称変更は5月の民進党・蔡英文政権発足後、両岸(台湾と中国大陸)の当局間の直接対話が停止していることを受け、民間団体の交流プラットフォームを設立するため、中国共産党と協議し決めたという。

両党から計20団体が招かれるフォーラムには、国民党の洪秀柱主席が出席予定で、中国共産党の習近平総書記との党首会談も行われる見通し。

洪主席が中国大陸を訪れるのは3月の就任以来初めてで、中華民国建国の父、孫文の墓である「中山陵」(江蘇省南京市)などを訪問予定。

(謝佳珍/編集:杉野浩司)