トヨタ自動車とスズキは12日、環境や安全などの先進技術の開発で業務提携の検討を開始すると発表した。

 両社によると、スズキは、先進・将来技術の開発に課題を抱えており、トヨタは、欧米の競合と比べて「仲間づくり、標準づくり」で遅れている。業務提携によってこれらの課題を解決するという。

 今回の提携の構想は両社以外にもオープンな姿勢で、「将来的には標準化にもつながるものと考えている」としている。

 トヨタの豊田章男社長は、「自動車業界を取り巻く環境が大きく変わる今、生き抜くために必要なのは『変化に対応する力』。個別の技術開発に加えて、同じ志をもった仲間づくりが重要となってきている。『もっといいクルマ』づくりと自動車産業の発展に役立つ取り組みであれば、我々は常にオープンな姿勢で検討したいと考えている」とコメントしている。

 スズキの鈴木修会長は、「トヨタは業界トップの企業であり、また、あらゆる先進技術、将来技術を手がける最も信頼できる会社。今回こうしてトヨタとの協業に向けて協議を進められることになり、大変ありがたい。豊田章一郎名誉会長にまず相談させていただき、豊田章男社長にも協業に関心を示してもらい、大変感謝している。スズキの将来のためにもしっかりと協議に臨んでいく」とコメントしている。