デジタル終活はデジタルメタボ解決の早道? 肥大化した個人情報の断捨離・ダイエットが快適生活を生む

写真拡大

最近よく聞く「デジタル遺品」という言葉。
パソコンやスマホなどのデジタル機器や、インターネットなどに保存されている故人のデータを指す。

つまり、パソコンやインターネットを利用している現代人は、もれなく未来の「デジタル遺品」を抱えている状態と言えるのだ。

そして、万が一のことが起こった場合、それらのデータが
・どのように扱われるか?
・どのように扱ってほしいか?
何らかの備えも必要になってくる。

「そのとき」はいつやってくるか分からないからこそ、“デジタル終活”をしておきたい。

●どこに、どんなデータが、どれだけあるか、あなたは把握できているか?
デジタルデータには、さまざまな種類がある。
・パソコンに保存されたデジカメの写真
・スマホで撮った写真
・SNSの投稿
・ネット銀行の口座情報
・住所録
・メールの送受信データ
・個人の情報、メモ
などだ。
端末に保存されているデータもあれば、インターネット上に保存されているデータもある。
さらに自分が加入しているWebサービスやメルマガなどの会員IDやパスワードもある。

今、自分が加入、利用している会員IDやパスワードは、いくつあるか考えてみよう。
さらに、現在は使用してない会員IDやパスワードは、放置されてないかも考えてみよう。

自分が把握できていないものは、あたりまえだが、家族や知人も把握できない。
つまり、「デジタル遺品」となった場合、誰も何もできないということだ。

まずは、自分が、自分の会員IDやパスワード、加入サービスを、きちんと把握することから始めよう。

実は、「デジタル終活」することは、現在、メタボのよう肥大化したパソコンやスマホ、Webサービスなどで使っている
・IDやパスワード
・加入サービス
・個人情報
・住所録(交友禄)
などのデータを整理し、管理・把握する早道でもあるのだ。

●データを分類してIDとパスワードを一覧にまとめる
まずは、写真など
・家族に引き継ぎたいもの
・引き継がなくてもいいもの
・引き継ぎたくない(見られたくない)もの
これらを分類して整理しよう。

お金が絡むもの
・ネット銀行の口座番号やID、パスワード
・毎月課金されているサービス
スムーズに解約手続きを取れるように、リスト化しておこう。

その他のIDやパスワードなども、まとめておこう。
基本的なことだが、パソコンやスマホのログインIDも忘れてはならない。

注意してほしいのは、「ID」と「パスワード」は、一緒に保管しないこと。

万が一、リストが他人に見られたり盗難に遭ったりした場合、全てが漏れてしまうからだ。
IDとパスワードは、別々に記録し、保存場所も別にしておこう。
もちろん、データとして存在する限り、完全に見られないという保証はないのだが。

これらのデジタル遺品が厄介なのは、自分自身でしか整理や準備できないことだ。
自分がいなくなれば、誰も手が付けられない、確認することすらできないところだ。

逆に、今「デジタル終活」で整理しておけば、IDやパスワード管理も明確で、危険なID・パスワードが放置されたままという状況も未然に防ぐことができる。

「デジタル終活」と聞くと、なにやら気が重くなるかもしれないが、
普段の生活を快適にするデータ整理、データ断捨離、データダイエットと考えれば、やっておけば、たくさんのメリットがあるのだ。