マネキュアを塗るリアム・ヘムズワースとザック・エフロン instagramより

写真拡大

俳優のクリス・ヘムズワースやザック・エフロンが、指にマネキュアを塗って子供への虐待反対を呼びかけた。

これはオーストラリアのチャリティー団体「ygap」の「Polished man(マネキュアを塗った男性)」キャンペーンで、今月は指1本にマネキュアを塗り、子供の虐待への寄付と注目を集めている。世界で5人に1人の子供が虐待を受けているそうだ。

クリスは左手の人差し指に赤のマネキュアを塗り、キャンペーンの趣旨をインスタグラムに説明。弟で俳優のリアム・ヘムズワース、ザック、『アベンジャーズ』の共演仲間のロバート・ダウニー・Jr.、ジェレミー・レナー、マーク・ラファロ、トム・ヒドルストンを次の参加者として指名した。リアムは人差し指を緑色に塗って、「Polished manになれて、子供への虐待にNOと言うために今月爪を塗ることができて嬉しいよ」と投稿。ザックも人差し指を赤色に塗った写真をインスタグラムにアップしている。

クリスもザックもそれぞれ次の人々を指名していて、今後さらにキャンペーンは広がっていくだろう。【馬場 かんな】