毎日シャンプーは間違い!? 忙し女子の「ツヤ髪を台無しにする」NG習慣

写真拡大

髪は女の命と言われています。艶のある美しい髪の毛はそれだけで女子力が上がりますし、職場の男性からの評判もいいものですよね。

夏の日ざしでダメージを受けてしまった後の時期は、髪がパサついたり広がったりして、メンテナンスが大変。しかし、それ以外にも日頃の間違ったヘアケア習慣によって、髪のダメージを大きくしていることもあるのです。

傷んだ髪の毛ではヘアスタイルも決まらずに、何となくテンションも下がってしまいますよね。仕事へのモチベーションも低下してしまうかもしれません。

そこで今回は、海外情報サイト『totalbeauty.com』を参考に、“ツヤ髪を台無しにする忙し女子のNG習慣”をご紹介します。

■NG1:毎日シャンプーする

毎日シャンプーしないなんて有り得ない! と思うかもしれませんが、シャンプーを使った洗髪は、髪の乾燥を助長してしまいます。

というのも、シャンプーは汚れのほかにも潤いを保つために必要な皮脂まで取り除いてしまうのです。

髪の汚れは、お湯だけでも十分に落ちますし、これからの季節は、夏のように汗を多くかくということも減ってきます。

最初は抵抗があるかもしれませんが、シャンプーを使うのは1日おきか、週に2〜3回にしてみてください。きっと髪の毛に潤いが戻ってくるはずです。

■NG2:お気に入りのシャンプーをずっと使い続ける

香りや髪の毛との相性など、一度お気に入りのシャンプーやコンディショナーが見つかるとずっと使い続けたくなりますよね。

しかし、髪の毛もお肌と一緒で、同じものばかりだと慣れてきてしまって効果が鈍ってくるというのです。たまには違うものを使って刺激を与えてあげましょう。

職場の人にオススメを聞くなどして、定期的に使うものを変えれば気分転換にもなって良いですよ。

■NG3:ヘアブラシを使わない

切れ毛や抜け毛を避けてブラシをあまり使わない人がいますが、これは間違いです。

確かに濡れた髪をブラシでとかすことは、髪にダメージを与えてしまいますが、乾かした後にきちんと根元からブラシでとかせば、髪のツヤが出せるうえ、ボリュームを抑えることができます。

どうせ使うなら、自然毛の良質なブラシを使うことをオススメします。

■NG4:カラーリングを重ねている

いつまでも若いつもりでいても、年齢を重ねるとともに白髪がチラホラ……。白髪染めをする代わりに髪の毛全体にカラーリングをしている、という人はいませんか?

ツヤ髪をキープするためには、あまりオススメできません。必要に応じてポイント的に白髪染めをすることは構わないのですが、髪の毛全体へのカラーリングや白髪染めをはなるべく避けましょう。

とくに加齢とともに髪が受けるダメージは大きくなるので、注意してください。

カラーリングは必要なところに、必要な時だけ。これがツヤ髪キープのポイントです。

以上、“ツヤ髪を台無しにする忙し女子のNG習慣”でしたが、いかがでしょうか?

高いトリートメントを使ったり、美容院でヘアエステを受けたりするのもいいものですが、毎日のヘアケア習慣をかえてみることで髪の質感はグンと蘇ります。

サラサラで艶のある髪の毛であれば、それだけでも会社に行くのが楽しみになりますよね。

髪の毛に天使の輪が現れたら、職場の男性も、あなたを見る目が変わるかるかもしれませんよ!