写真提供:マイナビニュース

写真拡大

西日本電信電話(NTT西日本)とエヌ・ティ・ティ・スマートコネクト(NTTスマートコネクト)は10月12日、パブリッククラウド接続サービス「クラウド クロス コネクト」にMicrosoft Azure、Office 365との接続プランを追加すると発表した。10月26日より提供開始する。

同ソリューションは、NTTスマートコネクトが提供しているパブリッククラウド接続サービス「クラウド クロス コネクト」と、NTT西日本の閉域ネットワークサービス「フレッツ・VPN ワイド」「ビジネスイーサ ワイド」を組み合わせ、顧客拠点からパブリッククラウドへの接続環境を提供するサービス。今回、新たにAzure、Office 365へ対応した。

Azure/Office 365接続プランは、1ユーザ単位から利用できるほか、NTT西日本の閉域ネットワークサービスを組み合わせ、専門的なノウハウを必要とせずにOffice 365への接続を実現する。10Mbpsから1Gbpsまでの帯域確保型の接続プランを用意しているため、利用シーンや要望に合わせた最適なネットワーク環境で、西日本エリア全域の拠点やデータセンターから接続できる。

また、クラウド クロス コネクトは、大阪のAzureとの相互接続点を利用しており、NTT西日本の閉域ネットワークサービスと組み合わせることで、低遅延でAzureやOffice365を利用できる。東京の相互接続点も利用できるため、東西冗長接続を実現することも可能。

クラウド クロス コネクトの提供価格(税別)は、Microsoft Azure接続 帯域確保50Mbpsで月額15万3000円から。別途、NTT西日本の閉域ネットワークサービス、Microsoft Azure(ExpressRouteを含む)、Office 365などの契約が必要となる。提供エリアは西日本エリア。なお、クラウド クロス コネクトは、全国エリアで利用できるが、大阪市内にあるNTTスマートコネクトのデータセンターまでの閉域ネットワークサービスが必要。

(山本明日美)