写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)では、2017年1月13日から3月17日までの64日間、冬の季節ならではのさまざまなプログラムが開催される。

東京ディズニーランドでは、冬の恒例となったスペシャルイベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」を開催。今回は新たに、特別なナイトエンターテインメントとして、期間限定のキャッスルプロジェクション「フローズン・フォーエバー」を実施する。公演時間は約15分で、全編を通してディズニー映画『アナと雪の女王』のシーンで構成される。映画では味わえない立体感や躍動感で、パークでしか体験できない『アナと雪の女王』の世界を感じられるとのこと。

また、「フローズンファンタジーパレード」も昨年に引き続き実施。ディズニー映画『アナと雪の女王』をテーマにしたスペシャルパレードで、アナやエルサ、オラフたちがフロートに乗って登場する。ほかにも、子どもと一緒に歌やダンスを楽しむグリーティングショー「アナとエルサのウィンターグリーティング」もシンデレラ城前で開催する。

東京ディズニーシーでは、2016年4月15日から"Wish(願い)"をテーマにスタートした「東京ディズニーシー15周年"ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ"」が3月17日にフィナーレを迎える。それに合わせ、スペシャルイベント「東京ディズニーシー15周年"ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ"〜グランドフィナーレ〜」を実施。

1月13日〜3月17日の期間は、新たな旅の出発を祝うエンターテインメント・プログラム「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」の内容の一部が変更となる。出演するディズニーキャラクターは、それぞれのウィッシュ・クリスタルの色が一段と輝く新コスチュームで登場。グランドフィナーレを祝うシャボン玉も舞い上がる。さらにグランドフィナーレ期間限定で夜間の公演も実施し、夜ならではのクリスタルの輝きも楽しめるという。

また、ダッフィー・シェリーメイ・ジェラトーニとスウィーツをモチーフにしたプログラム「スウィート・ダッフィー」も開催。スペシャルグッズやメニューのほか、ダッフィーたちがミッキーマウスとミニーマウスに思いを伝えているシーンが表現されたフォトロケーションなどを展開する。

アトラクションでは、前回に引き続き、タワー・オブ・テラーを期間限定のスペシャルバージョン「タワー・オブ・テラー: Level 13"シャドウ・オブ・シリキ"」として実施。

そのほか、ディズニーホテルでは、パークで開催されるスペシャルイベントと連動したデザインのルームキーや、それぞれの世界観をイメージしたスペシャルメニューを提供する。

ディズニーリゾートラインでは、「アナとエルサのフローズンファンタジー」と連動したデザインのラッピング車両を運行し、リゾートゲートウェイ・ステーションでは、デコレーションが初登場する。

(c)Disney