写真提供:マイナビニュース

写真拡大

京急グループの京急ステーションコマースは、京急電車のラッピングを施した飲料自動販売機を「鉄道の日」の10月14日から京急線横浜駅上りホームに導入すると発表した。

2台の自動販売機を京急電鉄新1000形1800番台を再現したラッピングで装飾し、左右に「YELLOW HAPPY TRAIN」と「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」のラッピング自動販売機1台ずつ設置。「YELLOW HAPPY TRAIN」ラッピングの自動販売機は、前面の大型ディスプレイに京急電車の動画が流れるデジタルサイネージ自動販売機で、内蔵カメラで京急オリジナルデザインフレーム付きの写真が撮れる自撮り機能も搭載し、撮った写真は「LINE」で受け取ることができる。

ラッピング自動販売機の導入を記念し、缶コーヒー1本と京急オリジナル缶バッジを入れた京急オリジナルラベル樹脂缶を1,200個限定で販売。新1000形1800番台電車ラッピング自動販売機にて設置当日から発売し、なくなり次第終了となる。

(佐々木康弘)