写真共有アプリ「Snapchat(スナップチャット)」の開発元が9月24日、2つの重要な発表を行った。1つは、Snapchatアプリと連携する動画撮影用カメラを搭載したサングラス型デバイス「Spectacles(スペクタクルズ)」の近日発売。もう1つは、アプリ名と同じだった社名を「Snap Inc.」に変更したとの報告だ。

Spectaclesとはどんな製品か

 同社サイトのニュースページと製品の特設サイトの情報によると、Spectaclesはサングラスのフレーム右上にカメラを搭載。フレーム左上にはライトと撮影ボタンがあり、ボタンを押すと10秒から最長30秒の動画を撮影できる。撮影中はライトが点灯し、周囲に撮影していることを知らせる仕組みだ。


 Spectaclesは動画保存用のメモリも内蔵しているため、撮影時にスマートフォンを携帯している必要はない。スマートフォンのアプリとはBluetoothやWi-Fiで無線接続し、接続が確保されると保存済みの動画がアプリに転送される。

 面白いのは、動画が従来の四角いフチではなく、丸いフチの独自フォーマットで記録される点。この視野角115度の丸い動画により、スマートフォンをどんな向きに持っていても、フチが切れることなく全画面表示される仕掛けだ。


 色は黒、コーラル(サンゴ色)、ティール(緑)の3色から選べる。価格は129.99ドルで、この秋に米国で売り出される見込みだ。

「グーグルグラス」の二の舞になる?

 このSpectaclesは、すでに多くのメディアやネットユーザーが指摘しているように、グーグルが2013年に開発者向けに発売した眼鏡型デバイス「グーグル・グラス」を連想させる。グーグルグラスは、1500ドルもの高価格や、プライバシー侵害の懸念などにより不評で、2015年1月に発売中止が決まった。

高森郁哉