オバマ米大統領が火星計画に言及 宇宙の居住施設建設に向け官民で作業

ざっくり言うと

  • オバマ米大統領は11日、2030年代までに火星に人を送る計画について言及
  • 宇宙空間の居住施設建設のため、官民で作業に入っていると明らかにした
  • 「最終的には、火星での長期間滞在を目指している」と述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング