ソフトバンク、重さ212gのコンパクトな衛星電話「501TH」を発表。『国内最長』9時間の連続通話を実現

写真拡大

ソフトバンクは、重さ212gのコンパクトな衛星電話「501TH」を20162017年1月以降に発売します。連続通話は国内の衛星電話で最長をうたう9時間、連続待受時間は100時間を実現します。防水・防塵(IP55)や耐衝撃保護(IK05)にも対応し、山や川などさまざまな場所で利用できるとしています。Thuraya Telecommunications Company(スラヤ テレコミュニケーション カンパニー)が提供する衛星通信設備を利用することにより、緊急時や海外出張など、従来の一般携帯電話では圏外となるような状況でも、衛星回線を介して通信が可能です。

また、緊急時にあらかじめ指定した宛先へ電話の発信やSMSの送信が可能なSOSボタン、そしてボリュームボタンやスピーカーホン機能を搭載するなど、使いやすさにこだわったとしています。

また警察や救急・消防、海上保安庁への発信も可能。国番号なしで発信できるほか、メニュー画面や電話帳登録、SMS作成は日本語に対応しています。

本体サイズは約53×128×27mm/約212g、質量は212gと非常に軽量です。カラーはブラックの1色展開です。501THは2016年1月中旬以降に発売予定。