医療グループ「徳洲会」元事務総長に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決

ざっくり言うと

  • 12日、医療グループ「徳洲会」の元事務総長に東京地裁が判決を下した
  • 業務上横領罪で、懲役3年、執行猶予4年(求刑・懲役3年)となった
  • 元事務総長は「徳洲会」の関連会社から3000万円を着服したとされている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング