「コンプレックス」誌で大胆なトップレス姿を見せたカイリー・ジェナー instagramより

写真拡大

(1)より続く――

カイリーはさらに「コンプレックス」誌に唇を太くした経緯について説明。カイリーは2014年4月頃から急に唇が太くなって整形疑惑が浮上したが、その噂を侮辱だと否定した。結局昨年5月に注射で唇を太くしていることを認めている。

カイリーは「人生でずっと私の自信のないところなの」「(中学生の時に)私がキスした男の子が『君の唇はとても小さいけれど、君はとてもキスが上手いね。君がキスが上手いとは思わなかったよ』って言ったの」「とても失礼だったわ。それ以降、男の子が私の唇をじっと見ているって感じたの。誰も私とキスしたくないって思ったの」と説明。また最初に唇を太くした噂を否定したことについて、「私は17歳でもなかったわ」「私が告白して、『オー、そうよ。唇をやったわ』って言ったらどうなる? 母親たちは私のことをどう思う? 子供たちやファン、彼らが私のことをクレイジーだって思うって。悪い影響を与えたくなかったの。自分自身のことを良いと感じるために唇をやらなきゃいけないって思わせたくなかった。でも、彼らは私が嘘をついている方がクレイジーだって思ったわ。だって、とても明らかだったから。正直になれたら良かったなって思うわ」と明かしている。

さらに「最初に(唇を)やると、『オー、こっち側はもう少し大きく出来るかも』ってなって、また戻って、『小さくなちゃった』って言って、もっと大きくできるって思うのよ。でも、私はやりすぎたわ。すごく痛かったの」「毎日あなたは偽者だって耳にするのは嫌よ。そうではないのに。毎日私について新しい話題があるのよ」と語った。

カイリーは唇を太くしたことで注目度が上がり、自身のプロデュースしたリップスティックコレクション「Kylie Lip Kit」が大ヒット。メイクブランドで大成功を収めている。【馬場 かんな】