写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NECネクサソリューションズは10月12日、南日本情報処理センターが提供する、IT資産管理&セキュリティ対策統合管理「SecureSeed Plusクラウド」の販売を開始した。

同サービスは、社内のIT資産管理とセキュリティ対策(操作ログ収集と操作制御)に必要な機能を月額料金で提供するもの。全ての機能をダッシュボード画面で操作・管理が可能なため、利用者は稼働状況や不正操作を一目で把握可能。違反行為を発見した場合は、アラートを発行し、迅速な対応が図れるという。

IT資産(インベントリ)情報や操作ログを、フリーワードによる検索、または詳細な検索条件を設定して検索が行える。また、良く使う検索条件を保存して再利用も可能。クラウドサービスのため、自社にサーバを設置する必要がなく、すぐに利用できる。

同社では、これまでもマネージドネットワークサービス「Clovernet」をはじめとするネットワークやセキュリティサービスを提供してきたが、今後も、セキュリティ管理者やIT管理者などの要員が少ない中堅・中小企業に向けて、高度で低コストなセキュリティマネージドサービスをワンストップで提供していくとしている。

(山本明日美)