しつけがブレると子どもが混乱! 親のNG対応&子どもに響く“しつけの大原則”

写真拡大

時と場所に応じて対応を変えるといった事も子育て中にはありますが、そうしていると子どもが混乱し、ルールを守れなくなることがあります。

「怒鳴らないと言うことを聞かない子」になるのは何故? しつけを始めるタイミングとコツ

今日は、『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』の著者の立石美津子が“場所によってルールの基準が違うとどうなるか”についてお話ししたいと思います。

家と外で違う! ママのNG対応

1. 残しても叱らない

“家の食事では「残さず食べなさい」と叱っているのに、食べ放題だからと、好き放題、食べきれない量を取ってきて残しても何も言わない”

バイキング形式のレストランやファミレスのサラダバーで、無料なのでまあいいか、とこんな対応をしてしまうことってありませんか?

2. こぼしても気にしない

“家でおやつを食べるときは「こぼさないように食べなさい」と注意するけれども、バスの中で静かにさせるためにお菓子を与え、床に落ちても拾わないで下車”

ひどい人だと、パッパと子どもの洋服やバギーについたスナック菓子のかけらをそこら辺に落として下車する。家では絶対にしない行為ですよね。

3. 落ちたけど食べてOK

“家でサクランボを食べさせていたら床に落とした。「いつも床は拭き掃除していて綺麗だから。それにこのサクランボは一パック980円もして凄く高かったから…」とそのまま拾って食べさせる”

でもレストランで落としたとき、公園で煎餅を地面に落としたときは食べさせませんよね。

確かに家は外より綺麗ですが子どもは混乱します。大きくなったら場所により臨機応変にすることも理解できますが、まだ子どもが幼いうちは“落としたものは食べない”ルールを一貫性をもってしつけましょう。

4. 電車でイス取りゲーム!?

“電車で空いた席を見つけると「ほら、そこ空いているから座っちゃいなさい!」と周りにお年寄りがいるのに椅子取りゲームのように席を取るよう子どもに命じる”

日頃から「人に優しくしなさい」と口では言いながら、前にお年寄りが立っていても寝たふりをしたりLINEに夢中になっている。これも親が子どもに言っていることと見せている態度が180度違います。

親が進んで良いお手本を見せましょうね。

5. 挨拶が必要なのは先生だけ

“保育園での送迎時、挨拶しないわが子に「ほら、先生にきちんと挨拶をしなさい」と叱る”

けれども、家庭内では朝起きても親から「おはよう」と声をかけず、子どもも黙って起きるだけ。食事前も夫も他の家族も「いただきます」、食後の「ごちそうさま」を言っていない。

家族間で“おはよう・ありがとう・行ってきます・いってらっしゃい・ただいま”の挨拶が習慣化されていない。

同じマンションの住人だけれども名前も知らないし親しくはないからと、エレベーターで一緒になっても無視を決め込む。

これでは外で他人に対して挨拶する子には育ちませんよね。

矛盾しているけどNOと言えない命令「ダブルバインド」とは?

言う事を聞かせたいからとこんな風に言っていると、更に子どもを混乱させてしまう期間があります。

公園でいつまでも帰らない時

「もう帰るよ」

「嫌だ〜もっと遊びたい!」

「じゃあ勝手にしなさい、バイバイ」

これは「こう言えば子どもは遊びを止めるだろう」と想定し、暗に「今すぐ来ないのならばあなたを置き去りにします。それが嫌ならさっさと遊びをやめてこっちに来なさい」と脅していること。

もし、子どもが親の言葉を真に受けて「勝手にしていい」と解釈し「じゃあ、バイバイ、このまま僕はここでずっと遊んでいるね」となったら、きっと親は腕を掴んで連れて帰るでしょう。

でも、これでは親のやっている行為は指示したことと矛盾しています。

もし、一致させるのならば、本当に親が先に帰ってしまい、子どもは一人残って遊ぶことになります。

でも、そういう訳にはいきませんよね。

だから、最初からこんなやりもしない脅しは言わないで「帰りましょう」とシンプルに言って連れて帰ればよいのです。

食卓に着かないでずっと遊んでいる時

食卓になかなか着かない子どもに、

「いつまで遊んでいるの!食べないんだったら食事下げちゃうわよ」

と言いながら、決して食事を下げることをしない。

ようやく子どもが席に着いて食べ始めたら今度は、

「全部残さずに食べなさい」

と命じる。

さっき「遊んでいるなら食べなくてもいい」と言いながら、「今度は残さず食べろ」と指示を出しています。

先ほどの公園の例と同じ矛盾がありますね。

これらを、どう転んでも叱られる二重拘束=「ダブルバインド」と言います。こういった親の対応は、一貫性のないものとして子どもに映ります。

子どもに響かせるための、「しつけの大原則」

しつけは“いつなんどき誰からも、同じ方針、基準で”が原則です。

子どもがいつまでも出来るようにはならない原因は、ひょっとして周りの大人の対応にあるのかもしれませんね。

せっかく子どものためと思ってやっているそれぞれの行為も、子ども側からしてみれば方針がブレていて、効果がありません。

普段の大人の行動をちょっと振り返ってみましょう。