ベン・アフレック

写真拡大

昼は田舎のさえない会計士の仮面をかぶり、夜は裏社会の殺し屋として巨悪に対峙する謎の男“クリスチャン・ウルフ”が、犯罪組織や企業の不正を暴いていくサスペンス・アクション『ザ・コンサルタント』。この映画のワールドプレミアが現地時間10月10日にロサンゼルスのTCLチャイニーズ・シアター前の道路を一車線封鎖して行われ、ベン・アフレック、アナ・ケンドリック、シンシア・アダイ=ロビンソン、J.K.シモンズらが登場した。

2大ヒーロー演じたベン・アフレックとヘンリー・カビルが登場!『バットマン vs スーパーマン』のN.Y.プレミア

紺色のスーツに赤茶色のネクタイと渋い出で立ちで登場したアフレックは、会計士でありながらも裏社会の掃除屋という裏の顔を持つ最強の男クリスチャン・ウルフについて「今回演じた役は3面性の要素があり、普通の役ではなく奥が深い役だったのですごく良かった」とコメント。作品に関しては「本格的なアクションと演技力が両立した作品。どちらも備わっている作品があまりないので、そこがとても良かった。監督と一緒に仕事できたことが何より良かった」と話し、日本のファンには「絶対に見ないといけない映画だよ! 絶対に見てね!」と熱いメッセージを送った。

緑色で華やかなゴージャスドレスに身を包んだシンシア・アダイ=ロビンソンは「やっとみなさんにお披露目できるのがすごく嬉しい! 今のところすごく良いリアクションをいただいているので。これから思いっきりギア全開で行くわよ!」と本作に確かな手応えを感じた様子。J.K.シモンズ演じるレイ・キングの部下メアリーベスを演じたことについては「一からこの役作りができて良かった。頭が良くて向上心があって、脆さがある女性。女優としてすごくやりがいのある役よ。本作をお披露目することができて嬉しいです」と嬉しそうに語った。

また、そのレイ・キングを演じたシモンズは、本作をなぜ見るべきか? という問いに「だってこの映画すごくいいんだもん!」とこれ以上説明する必要がないといった、自信たっぷりの表情で答えていた。

『ザ・コンサルタント』は2017年1月21日より丸の内ピカデリーほかにて全国公開となる。