写真提供:マイナビニュース

写真拡大

新しい物好きのこねり。なにやらロボットを動かしています。
ロボットを操縦するとき、その振舞いは(技術もそうですが)
操縦する人の意思によって決まるものです。

道具自体に善悪はなく、
人が善意を持って使えば役に立つ使い方ができますし、
悪意を持って使えば人を傷つけたりする事にもなるでしょう。
今週は、そんな人の心がもたらす変化についてのお話です。

「一切唯心造」という禅の言葉があり、
「全ては心(のはたらき)が作り出したものにすぎない」
という意味に解釈されます。

「善・悪」「好き・嫌い」「快・不快」「美・醜」などの感覚も
実体を持って現実に存在するものではなく、
心の中に生じる感覚や分別に名前を付けて
そう呼んでいるものなのですが、
人はこれらに影響され、時に振り回されながら生きています。
江戸時代の有名な和尚さん、
臨済宗・白隠禅師のエピソードに、こんなものがあります。

ある武士が白隠のもとへやってきて、
「極楽や地獄は本当にあるのだろうか?」と訪ねました。
それを聞いた白隠は、あろうことか
「そんなこともわからないとは、とんだまぬけがいたものだ!」
などと散々に罵ります。

怒り狂った武士は刀を抜いて斬り掛かろうとするのですが、
白隠はすかさず「これが地獄だ!」と叫びました。
武士はなるほどと落ち着きを取り戻して
「地獄の在処がよくわかりました」と頭を下げ、
それに対し白隠も「いま極楽の門が開かれましたよ」と笑ったと言います。

心の状態ひとつで、世界の見え方はがらりと変わってしまいます。
満足していたり余裕のあるときは寛容になれても、
切羽詰まっていると周りの物事に批判的になったり、
人のマイナスな部分を見てしまいがちだったり…
といった経験をしている人も多いのではないでしょうか。

その時々で、ありのままの出来事に様々な味付けがされているようなもの。
物事の見方の変化は、自分の心の状態をつかむひとつのカギになるはずです。

■今回登場したのは、禅のぼさつが宿った「こねり」

■著者紹介

Jecy
イラストレーター。LINE Creators Marketにてオリジナルキャラクター「こむぎこをこねたもの」のLINEスタンプを発売し、人気を博す。「こむぎこをこねたもの その2」、「こむぎこをこねたもの その3」もリリース。そのほか、メルヘン・ファンタジーから科学・哲学まで様々な題材を描き、個人サイトにて発表中。

「週刊こむぎ」は毎週水曜更新予定です。

(Jecy)