パンセクシュアルだと公言しているマイリー・サイラス (c)Imagecollect.

写真拡大

歌手・女優のマイリー・サイラスが、パンセクシュアルについて語った。

マイリーは昨年8月に男性や女性という性の分類に適合しない人も含めてすべての人を好きになる全性愛者パンセクシュアルであることを告白。そんなマイリーはエンターテインメント誌「Variety」に「私の人生でずっと、自分の性別や自分のセクシュアリティが理解できていなかったの。私はバイセクシュアルって言葉が好きではなかったわ。だって、それも私を箱の中に入れてしまうもの。誰かが男の子で女の子だってことさえ思わない」「5年生か6年生の時に自分の目は開き始めたわ。私の初めての恋愛関係は女の子とだったわ」と話し、LGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、ジェンダークィア)にはパンセクシュアルのPも入れるべきだと明かした。

さらに「私はロサンゼルスにあるLGBTQセンターに行って、話を聞き始めたの。男性とも女性とも区別しないある人間を見たわ。彼らを見ていると、彼らは美しくて、セクシーでタフで、だけど弱くて、女性らしくて、でも男らしいの。自分がこれまで生きてきた中でその人が誰よりも自分と関係していると思ったわ。私はとても違うかもしれないけれど、自分が思っているように人々は私を中性だと見てくれていないかもしれない。でも、私はとても中性だと感じるの。その人が私が初めて出会った性別が中性の人だったと思うわ。一度自分の性別をもっと理解できると、それは割り当てられていないけれど、自分のセクシュアリティをもっと理解できるようになるの。私は『オー、だから私はストレートだと感じないし、ゲイだとも思わないんだ。だって私は違うから』って感じだったわ」と語っている。

マイリーは歌手のニック・ジョナスや歌手・モデルのジャスティン・ガストン、俳優のジョシュ・ボウマンやパトリック・シュワルツェネッガーらと交際し、現在は俳優のリアム・ヘムズワースと復縁して婚約中だと言われている。また、マイリーは女性のモデルのステラ・マクスウェルと熱いキスを目撃されて、噂されていたことがあった。【馬場 かんな】