「子犬差し上げます」というからもらったのに、ただの「イヌ」ではなく飼い主困惑

写真拡大

「犬でも飼いたいなあ」と思っているところに、「子犬差し上げます」といった掲示を見かけたら、誰でもついつい引き寄せられてしまうだろう。

米アリゾナ州に住むある男性も例外ではなく、くだんの表示を掲げた家の門をたたいた。

子犬に一目惚れ

そこで待っていた大きな耳と用心深そうな目をした子犬に、男性は一目惚れ。すぐに家族として迎え入れ「ネオ」と名付けた。

しかし、The Dodoが伝えるところによると、ネオが飼い主らの手に負えなくなるまで、そう時間はかからなかったという。

脱走を繰り返す

ネオは非常に警戒心が強く、度を過ぎて活動的、飼い主が不在の際は近所の犬と遊ぼうと、フェンスを越えて何度も脱走を試みた。

フェンスを高く頑丈なものに変えても、ネオはすぐに嚙み砕き脱走を繰り返したそうだ。

オオカミとの雑種と判明

そう、飼い主は全く気が付かなかったが、ネオはただの犬ではなかった。狼と犬の雑種である「狼犬」だったのだ。

ちなみにネオではないのだが、狼犬の赤ちゃんとはこんな感じ。

見た目は普通の子犬と変わらず、飼い主が何の疑いもなく引き取ったのもうなずける。

狼犬の特徴が顕著

ネオに話を戻そう。一見普通の犬と変わらないネオだったが、琥珀色の瞳、きめの粗い毛、長く痩せ気味の体格など、狼犬の身体的な特徴がよく表れていたという。

加えて、近所の犬と遊ぼうと脱走を繰り返したのも、実は「群れ」を求める狼の習性によるものだ。

また、ネオは脱走先の犬とは戯れるが、その飼い主とは目も合わせず、一向になつく様子も見られなかったそうだ。

狼犬専用の施設へ

そこで飼い主らは、地元の動物保護施設に助けを求め、ネオはカリフォルニア州にある狼犬専用の施設、Wolf Connectionで暮らすことになった。

施設の職員が一目見て犬ではないとわかるほどに、ネオは人に慣れておらず、また、アリゾナ州の法律では、ネイティブアメリカンもしくは特別な許可のない人は、狼犬を飼うことができないため、飼い主もこの提案を受け入れたという。

施設に到着した直後から、他の狼犬の群れに加わりたくて仕方がない様子だったというネオ。やっと仲間に出会えて、今は幸せに違いない。

※この記事に掲載されている写真は全てネオとは限りません。