金閣寺と銀閣寺の古材を使った茶箱展開催「まとふ」など参加

写真拡大

 銀座三越で「金閣寺|銀閣寺茶箱展」が10月12日から11月1日まで開催される。「まとふ(matohu)」や塗師の赤木明登、金工の長谷川竹次郎、画家の小松美羽、詩人のピーター ジェイ マクミランなどが参加する。 金閣寺と銀閣寺の古材でできた茶箱展開催の画像を拡大

 昨年開催された千利休の茶室「待庵(たいあん)」茶箱展に続き、今年は金閣寺と銀閣寺の古材でできた茶箱を使ってアーティストや作り手が現代の新しい茶箱を提案する。「まとふ」のデザイナーの堀畑裕之と関口真希子は「夕映えの茶箱」を制作。江戸時代初期の茶人である金森宗和作の茶室「夕佳亭(せっかてい)」から見える夕暮れ時の金閣寺をイメージし、古清水焼の鳳凰文様の茶碗を中心に古作と現代の作家たちに特注した道具を組み合わせた。道具はブランドのオリジナルテキスタイルの仕覆で包まれており、全ての茶箱は購入可能。10月22日には堀畑と関口、ピーター ジェイ マクミランによる茶箱にまつわるトークイベントが開催される。■金閣寺|銀閣寺茶箱展会期:2016年10月12日〜11月1日会場:銀座三越7階 グローバルメッセージ住所:東京都中央区銀座4丁目6-16■トークイベント matohu 堀畑裕之 関口真希子 × ピーター ジェイ マクミラン日時:2015年10月22日15:00〜会場:銀座三越 会場内