10代の頃のニキビとは違い、大人になってからできるニキビには、同じところに繰り返しできる、なかなか治らずシミになってしまうなどの特徴があります。大人ニキビは、皮脂の分泌が過剰な青春時代のニキビとは違い意外なことが原因でできている可能性があるのです。その原因が分かれば、困った大人ニキビもキレイに治ってしまうかもしれません。

汚れた枕カバー、フェイスタオルが大人ニキビの原因に!

枕カバーやフェイスタオルなど、直接肌に触れるものは清潔に保っていますか? 特に枕カバーは、毎日8時間もの間ずっと顔に触れているもの。寝ているうちに汗をかいて雑菌の住み家になってしまえば、大人ニキビができるのは必須です。枕カバーを毎日洗濯するのは難しいかもしれません。枕の上に清潔なタオルを敷いて毎日交換することをおススメします。さらに気を付けたいのは、化粧パフ。何度も同じパフを使ってファンデーションを肌に塗りつけていませんか? 大きめのパフで、毎日新しい面を使うことをおススメします。それが面倒ならパフも大量購入できる時代になっているので使い捨てすべきです。

自撮りの小顔ポーズでニキビに?!

手で顔を触ることで、手の雑菌が顔に移って大人ニキビの原因になってしまいます。人と話す時に顔を触ってしまうクセはありませんか? 頬に手をつくしぐさはアンニュイで魅力的ですが、やはり大人ニキビの原因になります。自撮りの際にやりがちな「小顔ポーズ」にも注意が必要です。また、気を付けたいのは紫外線もニキビの原因になるということ。外出時の紫外線対策は万全でも、室内では無防備なのでは? 室内にも紫外線は届きます。窓際にいる時間が長くて、窓面の顔にばかり大人ニキビができる人は紫外線が原因かもしれません。

洗顔料やシャンプーの洗い残しも危険!

大人ニキビの原因で多いのが、洗顔料やシャンプーの洗い残し。バタバタする朝に外出を急ぐあまり、きっちりと洗顔していないのでは? フェイスラインやアゴなどは、洗顔料が残りやすい部分です。この部分に大人ニキビが多い人は、洗顔時にきちんとすすぐようにすると、頑固な大人ニキビも治ってしまうかもしれません。また、シャンプー時は洗う順番に注意が必要。先に顔を洗ってしまうと、その後シャンプー剤が顔に付いて残ってしまうので、必ずシャンプー後に顔を洗うようにしましょう。

意外な大人ニキビの原因をご紹介しましたが、当てはまるものはありましたか? ニキビを作らないためには、もちろんバランスの取れた食事や規則正しい生活も必要です。ストレスも大人ニキビの原因となるので、自分なりのストレス発散の方法を見つけるのもいいですね。


writer:岩田かほり