顔色が悪いのはこのせいかも「血行不良ぐすみ」って知ってる?

写真拡大

ファンデーションや下地を工夫したり、チークをしっかりとつけたりしているのに、なんとなく顔色が悪い、くすんでしまう……なんてことはありませんか?

特にこれからの季節は、カーキやブラウンといった深みのある暗めの色の洋服を着たり、落ち着いた色の秋冬メイクをする機会が増えるので、顔色がさらにどんよりしがちに。

顔色が冴えないと、せっかくの季節のオシャレを楽しむことができません。今回はお化粧でも顔色の悪さが隠せない原因と改善法について、美容カウンセラーの筆者がご紹介します。

 

■秋冬本番の「血行不良ぐすみ」

“化粧しても顔色が悪い”……それは“血行不良ぐすみ”かもしれません。血行不良ぐすみとは、その言葉の通り、冷えをはじめとした様々な要因で血行不良となりできてしまう“くすみ”のこと。別名“冷えぐすみ”とも呼ばれ、若い女性を中心に増えてきています。

特にこの時期は、夏の紫外線によって受けたダメージが肌に出やすく、肌の新陳代謝が低下して血行不良になりやすいのです。

夏から秋に向けて気温が下がり、肌から水分が奪われやすくなります。さらに肌の“バリア機能”として働く皮脂の量も減少……と、肌には過酷な環境となり、血行不良ぐすみを悪化させてしまいます。

 

■「血行不良ぐすみ」が起きる状態は“静脈優位”

そもそも、肌の色が何によって決まるかをご存知ですか? それは主に、“メラニンの量”と“血流量”によって決まるのです。

メラニンは、シミの原因でもあるので聞いたことのある人は多くいると思いますが、このメラニンの量が多いほど、肌色は黒くなります。

また、皮膚の奥にある真皮層の毛細血管を流れる血液の量によって、肌色の赤みが変わってきます。

血管には赤色の動脈と青色の静脈がありますが、身体が温まっているときには酸素が行き渡るので、“動脈”の色が優位になり、肌の赤味が強くなります。いわゆる“血色が良い”といわれる状態です。

しかし、身体が冷えていて血行が悪くなると、老廃物の排出が鈍くなり、“静脈”が優位となるため、肌が青白くくすんでどんよりと暗く見えてしまい、血行不良ぐすみを引き起こしやすくなってしまうのです。

 

■血行不良になりやすい5タイプ

血行不良になりやすいタイプの人が“血行不良ぐすみ”になりやすいタイプです。

(1)貧血気味である

血液は酸素を体内に運ぶ重要な役割がありますので、貧血気味になると、十分な酸素を運ぶ能力が低い状態に。そうすると血行不良になりやすくなり、肌が血行不良ぐすみになることもあります。

(2)紫外線を浴びていないのにくすむ

紫外線を浴びれば、肌の新陳代謝を遅らせてしまい、くすみやすくなります。しかし、肌ダメージがないにもかかわらずくすんでいるというのは、血行不良が要因のこともあります。

(3)1年の中で秋〜冬が一番くすむ

この時期は夏のダメージと秋の環境によってただでさえ顔色がくすみやすいのです。春や夏は比較的顔色がいいけれども、秋や冬はくすみがひどいという人は血行不良によるくすみになっているかもしれません。

(4)目の下に青グマができている

“寝不足=クマ”というイメージですが、青クマは血行不良が原因で起こるもの。皮膚の下の静脈の色が青く見える場合は、血行不良ぐすみになっているかもしれません。

(5)タバコを吸う

タバコに含まれているニコチンは血管を収縮する作用があり、血液の循環が悪くなって、血行不良を引き起こして、くすみを引き起こしてしまいます。

上記の項目に当てはまる点が多い方は血行不良ぐすみの可能性が高いので要注意です!

 

■「血行不良ぐすみ」を解決するには?

血行不良ぐすみの解決策には、血行不良を改善することが一番です。ファンデーションやコンシーラーなどで隠すよりも血流を促進して肌の血行を良くしましょう。そしてとにかく“冷やさないこと”が大切。

ゆっくりと湯船で身体を温めたり、冷たい飲み物は避けて温かいものを飲むようにしたり、特に冷えやすい“夜”には、血行促進となる“ビタミンEの入った美容液”の化粧品を使ってマッサージをしたりすると、顔のくすみ具合が改善されやすくなります。

また、日頃から適度なストレッチや、ヨガのような軽い運動も全身の血行促進に効果的。特に目の下は細い血管があるので、顔の中でも“一番くすみやすい場所”。温かくなるアイマスクをして目を休ませるのもオススメです。

 

今回はこの時期起こりやすい、“血行不良ぐすみ”についてご紹介をいたしましたが、いかがでしたか?

血行不良はくすみだけでなく、便秘、肩こり、頭痛などの症状を悪化させたり、太りやすい体になってしまったりと、悪いコトづくし。

早めに血行促進対策をして血色良い顔色にして、秋冬のおしゃれを存分に楽しみたいですね!

(ライター 望月理恵子)

 

【関連記事】

※ 顔色悪子は必見!肌色がパッと明るくなる「コントロールカラー」の使い分け術

※ 夏の美白投資が水の泡…秋になって美白ケアを中断するとシミができやすくなる!

※ 「メイク用のスポンジやブラシ」を洗わない事で起こるお肌と健康のトラブル4つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 【FPが解説】徹底比較!食洗機と手洗い、お得なのは…

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

※ 専門家が監修!あなたの主婦業を年収換算できるシミュレーターとは