国土交通省観光庁が発表した「訪日外国人消費動向調査」によると、2016年4−6月期の中国人旅行客1人当たりの買物消費額は12万3597円となっており、2位のロシア人旅行客の9万7566円を大きく上回った。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 国土交通省観光庁が発表した「訪日外国人消費動向調査」によると、2016年4-6月期の中国人旅行客1人当たりの買物消費額は12万3597円となっており、2位のロシア人旅行客の9万7566円を大きく上回った。

 爆買いが消えつつあると言われるなか、中国人旅行客の消費額は今なお群を抜いて多いのだが、中国メディアの中広網の7日、海外旅行に出かける中国人が日増しに「理性的」になっており、爆買いではなく旅行そのものの質を重視するようになっていると説明している。

 記事は、日本旅行に出かける中国人たちの目的が「多様化している」と指摘、「多くの中国人旅行客が日本人の日常生活を体験したいと願っている」と説明した。さらに中国人の日本旅行の楽しみ方について、「温泉、日本料理以外にも、和服を着て写真撮影したり、民宿に泊まったり、歌舞伎町でショーを鑑賞したりなど実に様々」と説明した。

 また、英国華人旅游業協会のある責任者の観察を紹介、この責任者は英国旅行を楽しむ中国人旅行客の若者たちがますます「現地の人びとの生活を体験する」ことを好むようになっており、ショッピングに没頭するよりも名作ミュージカルを楽しむなどの文化体験を重視するようになっていると説明した。

 国土交通省観光庁が発表した「訪日外国人消費動向調査」によると、16年4-6月期の中国人旅行客1人当たりの買物消費額は12万3597円だったが、昨年同時期は17万3404円だった。わずか1年で5万円も消費額が低下したことになる。

 しかし「訪日外国人旅行者数」によれば、16年の1-8月期の中国人旅行客総数は448万4900人だったのに対して、前年同時期は334万6942人であり、伸率は34%となっている。これらの統計は中国人旅行客は増えているが買物代は大きく減少しているという実態を明らかに示しており、従って記事が指摘しているように今年は中国人旅行客の海外旅行の楽しみ方に変化が現れた年だと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)