犬の鼻が乾く原因や理由

犬の鼻はなぜ濡れている?

犬の鼻が湿っているのは嗅覚を正常に保つためです。
犬の嗅覚は人の1,000〜1億倍もあると言われています。おいや種類、犬種によって嗅覚の能力には幅がありますが、麻薬探知犬などのワーキングドッグもいますよね。鼻と鼻の粘膜に適度な湿度があることで、嗅覚が働きやすくなります。
また風向きを把握することにも役立ちます。人間が指を舐めて風向きを探るのと同じようなものですね!

犬の鼻が乾く原因

病気ではない場合水分不足

犬にとって夏場は水分不足になりがちです。湿度や温度をチェックしつつ、いつでも水分摂取ができるようにしてあげましょう。わんちゃんによってはあまり水を飲みたがらない子もいるので、工夫することも大切です。

老化

犬は体の機能が衰えてくると皮膚の保水力や弾力性が失われ、皮膚が乾燥する場合があります。肉球や鼻のひび割れが表れることもありますので注意が必要です。体調の変化をチェックしてあげてください。

寝起き

実は犬の鼻が乾くということはそんなに珍しいことではありません。その子の体質にもよりますが乾き気味だったり湿り気味だったり、様々なのです。特に寝ているときは乾きやすく、そのため寝起きは乾燥気味だと言われています。

病気の可能性あり!

犬の体調不良である可能性が考えられるのは、犬が起きているときの鼻の乾燥です。日中起きていて活動しているのに鼻が乾いている場合は注意が必要です。

アレルギー

地面の臭いを嗅いだり、フードを食べるときに食器に触れたりと犬の鼻は物に触れる機会が多くあります。
触れた物のなかにアレルギー反応を起こすものがあった場合、鼻が乾いてしまうことがあります。特にプラスチックへのアレルギーが多いようです。プラスチックは餌入れなどによく使われていますので、注意してください。

角化症

角化症とは角質が正常に作られなくなる状態です。
人間の場合は踵が乾いてカサカサになったり、ひび割れたりというのが一番身近ではないでしょうか。
犬の場合も角化症はあり、皮膚がカサカサになったり、硬く分厚くなってしまったり……。角質化の犬の場合には鼻先だけではなく、皮膚にもトラブルが多いので保湿性のあるシャンプーや抗菌性のシャンプーを使ってみたり肌に合わせたものを選ぶようにしてあげると良いでしょう。診察を受けて薬を処方してもらったりするのがオススメです。

自己免疫性皮膚疾患(犬の天疱瘡)

皮膚疾患の中でもよく見られるのが天疱瘡(てんぼうそう)です。天疱瘡は自己免疫疾患によって引き起こされます。
自己免疫とは、外から入ってくる有害なものに免疫が働き、体内から排除しようとするものです。天疱瘡は、本来は守るはずの体を免疫系統がなぜか異物とみなして、内部から攻撃することで発症します。

遺伝性のものや薬物の摂取などが天疱瘡を引き起こすと言われています。遺伝性のものはまだ原因がよくわかっていません。紫外線を避け、薬物による治療が行われています。

犬の鼻が乾く時の対策

犬の病気での鼻の乾燥はお医者さんに見せるのが一番です。それ以外で乾く場合には、以下のような対策をとることができます。

水分補給

水分不足の場合には水分をきちんと摂取させることが必要で、1日に飲む水の量は大体40〜60ml/kgが正常範囲だそうです。例えば体重が7kgのワンちゃんの場合は、280〜420mlです。体重が10kgのワンちゃんの場合は、400ml〜600mlですね。

犬によっては水に少し匂いをつけてあげるのも効果があるようです。果物ならリンゴや梨などですね。また、いつでも新鮮な水が飲める流れる水飲み器なども良いかもしれません。お肉や野菜の茹で汁を好む子もいるようです。

クリームなどで鼻の保湿

犬の鼻に保湿クリームを塗ってみてはいかがでしょうか?
塗り方としては、軽く湿らせた鼻に塗ります。ヒアルロン酸やホホバオイルなどがオススメです。人間のクリームには犬にとって有害になる成分が入っている場合があるので、必ず犬用のクリームを使いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
犬の鼻は健康をチェックできる部位です。鼻に湿り気があるか、鼻が乾いていないか、日々の生活の中でチェックすることで病気を防いだり早めに治療したりすることができます。
鼻が乾いてひび割れが酷い場合は動物病院で診てもらってください。犬の健康を守るのは飼い主さんなのですから!