「死ぬ前にやっておきたいこと」のために……102歳のおばあちゃんが警察に逮捕される事態に!!

写真拡大

「死ぬまでにやりたいこと」をリストにしていても、忙しい毎日に追われていると、やりたいことばかりが溜まっていくばかりで、なかなか実現には至らないものだ。

しかし、ある102歳のおばあちゃんが、意を決して ‟死ぬ前にやっておきたいこと” を決行! すると、そのせいで、お縄を頂戴する事態に陥ってしまったというのだ!!

・102歳のおばあちゃんが ‟死ぬ前にやっておきたいこと” のために逮捕!

米ミズーリ州のセントルイスに住む102歳のおばあちゃん、イーディー・シモンズさんが、地元警察に逮捕された。だが、ピンクの上下にハイカラな花柄ジャケットに身を包んだ彼女は、優しく警官に手を引かれてなんだか嬉しそう……。

そう! おばあちゃんは、「死ぬ前にやっておきたいこと」のために逮捕されたのだから、顔に満面の笑みを浮かべているのも納得である。

・死ぬ前にやっておきたいことは、逮捕されることだった!!

102歳という高齢のおばあちゃんが、一体何をヤラかしたのか気になるところだが、その理由を聞いたら全て合点がいくに違いない。

なんと、警察署にやって来たイーディーさんは、「死ぬ前に一度逮捕されてみたい」と、警官に手錠を掛けてくれと懇願したというのである!! おばあちゃんは、長年パトカーに乗ることを夢見ていたそうで、警官の協力を得て、夢をかなえることができたという訳だ。

・手錠から何から逮捕劇を満喫!

おばあちゃんが、何かヤバいことをして捕まったのではないと知って、ちょっとホっとしてしまった。手錠を掛けられて、パトカーで警察署まで連行されたイーディーさんは、しっかり警察官と記念撮影。そして、「手錠から何から、全てを楽しんだわ」とコメントし、‟逮捕劇” を存分に満喫したようだ。

102歳のおばあちゃんにしては、かなり過激な願望である。イーディーさんの残りの ‟死ぬまでにやりたいこと” が、一体何なのか気になるところだ。

参照元:YouTube、METRO(英語)
執筆:Nekolas

この記事の動画を見る