By Milos Paripovic

今月も毎月更新されるWindowsのセキュリティ更新やバグ修正が配信されるWindows Updateの日がやってきました。今月は「緊急」が5件、「重要」が4件、「警告」が1件の合計10件となっています。早めにアップデートしておきましょう。

2016 年 10 月のマイクロソフト セキュリティ情報の概要

https://technet.microsoft.com/ja-JP/library/security/ms16-oct.aspx

マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-118 - 緊急

最大深刻度および脆弱性の影響

緊急 リモートでコードが実行される

再起動の必要性

要再起動

影響を受けるソフトウェア

Microsoft Windows、Internet Explorer

マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-119 - 緊急 Microsoft Edge 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (3192890)

最大深刻度および脆弱性の影響

緊急 リモートでコードが実行される

再起動の必要性

要再起動

影響を受けるソフトウェア

Microsoft Windows、Microsoft Edge

マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-120 - 緊急 Microsoft Graphics コンポーネント用のセキュリティ更新プログラム (3192884)

最大深刻度および脆弱性の影響

緊急 リモートでコードが実行される

再起動の必要性

要再起動

影響を受けるソフトウェア

Microsoft Windows、Microsoft .NET Framework、Microsoft Office, Skype for Business、Microsoft Lync.

マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-121 - 重要 Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3194063)

最大深刻度および脆弱性の影響

重要 リモートでコードが実行される

再起動の必要性

再起動が必要な場合あり

影響を受けるソフトウェア

Microsoft Office、Microsoft Office Services および Web Apps

マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-122 - 緊急 Microsoft ビデオ コントロール用のセキュリティ更新プログラム (3195360)

最大深刻度および脆弱性の影響

緊急 リモートでコードが実行される

再起動の必要性

要再起動

影響を受けるソフトウェア

Microsoft Windows

マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-123- 重要 Windows カーネルモード ドライバー用のセキュリティ更新プログラム (3192892)

最大深刻度および脆弱性の影響

重要 特権の昇格

再起動の必要性

要再起動

影響を受けるソフトウェア

Microsoft Windows

マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-124 Windows レジストリ用のセキュリティ更新プログラム(3193227)

最大深刻度および脆弱性の影響

重要 特権の昇格

再起動の必要性

要再起動

影響を受けるソフトウェア

Microsoft Windows

マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-125 診断ハブ用のセキュリティ更新プログラム (3193229)

最大深刻度および脆弱性の影響

重要 特権の昇格

再起動の必要性

要再起動

影響を受けるソフトウェア

Microsoft Windows

マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-126 - 警告 Microsoft Internet Messaging API 用のセキュリティ更新プログラム (3196067)

最大深刻度および脆弱性の影響

警告 情報漏えい

再起動の必要性

要再起動

影響を受けるソフトウェア

Microsoft Windows

マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-127 - 緊急 Adobe Flash Player のセキュリティ更新プログラム (3194343)

最大深刻度および脆弱性の影響

緊急 リモートでコードが実行される

再起動の必要性

要再起動

影響を受けるソフトウェア

Microsoft Windows、Adobe Flash Player

なお、次回は2016年11月9日(水)に提供予定となっています。

セキュリティ情報リリース スケジュール

https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/hh224643