写真提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の新木優子(22)が11日、東京・新宿ピカデリーで開催された主演映画『インターン!』(11月5日公開)の完成披露試写会に出席し、舞台あいさつを行った。

同作は、就職を目前に控えた大学3年生が、インターンシップを通して成長していく姿を描く物語。新木演じる川倉晴香は、親友・浜崎真希(岡本杏理)に誘われて参加したインターンシップ説明会の帰りに車にはねられそうになるが、同企業のCEO(風間トオル)が身代わりとなって一命を取り留める。この日は新木のほか、岡本杏理(22)、佐野岳(24)、青木玄徳(28)、栗原類(21)、鈴木友菜(24)が登壇した。

2度目の本格主演映画に挑むにあたって「不安でいっぱいだった」という新木。岡本、鈴木ら女性ファッション誌『non-no』の専属モデル仲間の存在は心の支えになったようで、「すごくリラックスして撮影に入ることができましたし、男性陣の方々もすごく気さくに話しかけてくださって。撮影を無事に乗り切ることができました」と感謝の言葉を述べた。

一方、インターンシップで互いにライバル視する役どころを演じたのが青木。新木は、「本当に青木さんの眼力がすごくて。ドキッとしてしまうというか。見つめられると時が一瞬止まってしまうというか」と共演時を振り返り、「眼の表現力って、こんなに大事なんだと学ばせていただいた」と絶賛。褒めちぎられた青木は、「なんか……妙に緊張してきました」と恐縮して笑いを誘っていた。