【スリル満点】一歩間違えたら大惨事! マウンテンバイクでダウンヒルを疾走する視点映像が恐怖すぎ!!

写真拡大

スポーツは危険と隣り合わせ。これはプロアマ問わずによく聞く話だが、中には本当にヤバいものも存在する。例えば今回ご紹介するダウンヒルレースもそのひとつ。マウンテンバイクに乗ったライダーが、急斜面を猛スピードで疾走する姿は見ている方が恐怖することもしばしばだ。

まさにガクブルという言葉がピッタリだが、即チビってもおかしくない映像が先日行われたイベントで撮影されていたのでご覧いただきたい。YouTube にアップされた動画のタイトルは「Dan Atherton Sends It Down the Hardline MTB Track | Red Bull Hardline: GoPro View」である!

・レッドブルの映像

その映像は、レッドブル主催のイベント「ハードライン」でのもの。冒頭でお伝えした通り、マウンテンバイクで道なき道を猛スピードで走る様子が収録されている。ちなみに映像は、選手に小型カメラ「GoPro」を装着したリアルすぎる視点ものだ。

いざ、自転車選手のダン・アサートンさんが斜面を下り始めたら、画面からは手に汗握るシーンが飛び込んでくる。次々と襲いかかってくる難所は、映像とわかっていてもゾクゾクするほど。隙間がほとんどない林の中だろうが、崖だろうが、彼はお構いなしで突き進んでいく。

・スリル満点

判断、操作、何かひとつでも間違えたら命取り。というか死んでもおかしくないが、そんな中でもアサートンさんは3倍速とも思ってしまうほどのスピードでグングン加速していく。この映像だけで、プロライダーの度胸と技術に驚かずにはいられないはずだ。

・上には上がいる

そしてタイムを競うスポーツというのもビックリだが、さらにヤバいのはダン・アサートンさんの順位が13位だということ。上には上がおり、なんと1位の選手は彼より15秒も早いタイムでゴールしているから言葉を失う。そんな恐ろしすぎる世界を知らない人は必見のこの動画。度胸のある人は全画面表示で閲覧することをオススメするぞ!

参照元:YouTube
執筆:原田たかし

この記事の動画を見る